発売日 2018年10月20日(土)

医者が教える日本人に効く食事術

著者名:溝口徹(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9723-9
サイズ:
四六
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・溝口徹

溝口徹(みぞぐちとおる)
1964年神奈川県生まれ。福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院、国立循環器病センターを経て、
1996年、出身地の神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現・辻堂クリニック)を開院。
2003年、新宿に日本初の栄養療法専門クリニックである新宿溝口クリニックを開院。
オーソモレキュラー療法などに基づいて構築した「トータル栄養アプローチ」によって、
精神疾患、がんをはじめとする多くの疾患の治療にあたるとともに、
患者や医師向けの講演会、勉強会も頻繁に行なっている。
著書に『「うつ」は食べ物が原因だった! 』『「血糖値スパイク」が心の不調を引き起こす』
『アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! 』(以上、青春出版社)、
『がんになったら肉を食べなさい』(PHP研究所)、『花粉症は1週間で治る! 』(さくら舎)、
『この食事で自律神経は整う』(フォレスト出版)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ドラック・フリーからの、健康増進提案書。

    5.0
    M まさ

    「西海岸発の〜」など海外から日本に入ってきた健康法はたくさんあるけれど、日本人と欧米人は遺伝子が違うので同じものを同じように食べても健康にならない、という大前提での栄養学の話。著者のクリニックに通っているので購入してみたが、クリニックで指導される食事指導はかなり厳しい糖質制限で実現が難しいものもあるが、この本はもっと日常生活で取り入れやすい内容がおおく、たとえば「魚の内蔵がビタミンDが豊富、不足するとホルモンバランスが崩れたり太りやすくなったりする。でも、ちりめんじゃこなど小型の魚で取り入れるのが良い」など実践しやすい内容が書かれていて、試してみようと思った。

  • 具体的な食べ方が載っていて分かりやすい Amazonで購入 レビュー対象商品: 医者が教える日本人に効く食事術 (Kindle版)

    柿の種

    単なる糖質制限についての本かと思っていたら違いました。オーソモレキュラー療法について、全くの無知でした。さっそくDHAを多く含む食べ物を積極的に摂っています。この本を契機にオーソモレキュラーの勉強してみようと思います。

  • Amazonで購入

    maruken6key

すべての8レビューを表示

  • ジュリ

    溝口さんが一貫して言っていることは、肉をもっと食べましょうということ。 続きを読む

  • クックーナ

    薬剤師の妻がオーソモレキュラー 栄養療法の有資格者、その関係で教えてくれた溝口徹先生の本。オーソモレキュラー はライザップでも栄養指導のコンテンツに使われているよう。実際、私はこの療法を取り入れて生まれてこのかたのアレルギー体質、アトピーは完治、改善し後からわかった不定愁訴と言われるなんだかしんどい感覚など、今までの苦しみは一体何だったんだと思うほど解放されました。身体の不調、メタボ、生活習慣病、三大疾病も元を辿れば食生活、医食同源で基本、高タンパク、低糖質、良質の脂質、これを守れば大抵治ると思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む