発売日 2019年12月26日(木)

とことん解説! キャラクターの「塗り」入門教室
CLIP STUDIO PAINT PROで学ぶ描画の基本テクニック

著者名:乃樹坂 くしお(著者)

¥1,880(税別)

ISBN:
978-4-8156-0292-5
サイズ:
B5判
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・乃樹坂 くしお

フリーランスのイラストレーター。キャラクターデザイン、衣装デザイン、原画作成など、ゲーム系イラスト制作を行う他、版権ものキャラクターグッズのデザインといった幅広い領域で活動中。「Palmie」や「いちあっぷ」など、イラスト講座系Webサイトでの講師実績多数。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • ステップアップに

    5.0
    \\\\-00

    着色初心者にはとてもやさしく解説してます。今まで線画にバケツだけで着色していただけの人、趣味や同人等で絵を描いてる初心者の方には次のステップアップができると思います。自称プロの方が批判的なレビューを書いていますがこの本は「入門書」です。美大や専門学校で教わる知識の本ではありません。デッサン・背景・自然光云々より身体・人物の基本的な塗りの指南本です。イラストとしてなんとか一通り完成させたい人に向いていると思います。

  • 4.0
    Amazonカスタマー

    塗りに特化した塗り絵教材本です。よくあるメイキング本では「どんどん塗っていきます」で流されがちなブラシの入れ方・範囲なども、図解入りで細かく解説してる点は好印象。使用ブラシも「クリスタのプリセットブラシ」、「教材ブラシ」、「セルシスが配布してる無料ブラシ」のみとシンプルで真似しやすい。また、以前購入した某グリサイユ塗り本は作例が全部グレーがかりすぎて汚くて真似する気になりませんでしたが、こちらの本で解説されてるグリサイユ塗りはくすみもほとんど気にならず真似したくなりました。グラデーションマップで色を乗せる塗り絵は、グラデーションマップの仕組みの理解につながりそうです。(まあこれも用意されたグラデーションマップを適用するだけですが…)ただ、なぜ後ろ髪にブルーやグリーンをスクリーンで重ねるかなどの理屈的な説明がないので、この本の塗り絵以外への応用に疑問が残ります。(まあ環境光なんでしょうが)色も用意された見本からスポイトして塗るだけなので…なぜその色味を使うかというところまで踏み込んでいないです。あくまで、ダウンロード教材で練習してみましょう、という塗り絵教材です。ブラシや下塗り済みデータも配布されていて、気軽に塗り練習できるのは良いですね。

  • キャラクターの塗り方ならコレ一冊!

    5.0
    自分買物評価

    ゲームのイラストを個人的に描いているのですが、塗りが中々上手くできなかった為、教本としての一冊として購入。『Clip Studio Paint』で『キャラクターの塗り』を学ぶ上では、限りなくわかりやすく応用の効く一冊だと思いました。・アニメ塗り / ブラシ塗り / グリザイユ画法という、よく解説されている塗り方についても丁寧に解説されているので、自分自身の技術の確認に加えて「こういうテクニックもあるのか…!」という、新しい発見もいくつか見つける事ができました。しかし、この本の中で個人的に一番注目すべき部分は・モノクロ塗り+グラデーションマップで塗るという項だと感じました、これは目から鱗でした。ClipStudioPaintならではの手法で、これを知っている事でかなりの『時短』になります…!一度グラデーションマップを用意すれば、何度でも同じような塗りを活用できる…!!もっと早く知っていればと思うばかりです。この機能を知らない人は、この項だけの為にも購入を強くオススメします。※最後になりますが、この本は『"キャラクター"の"塗り"』に重点を置かれている本なので、別途キャラクターの描き方について学びたいならば、別の本の方が向いているかもしれません。

すべての21レビューを表示