発売日 2019年06月27日(木)

本当によくわかるWordPressの教科書 改訂2版
はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

著者名:赤司 達彦(著者) 金安 亮(イラスト)

¥1,580(税別)

ISBN:
978-4-8156-0298-7
サイズ:
B5変
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・赤司 達彦

イラスト・金安 亮

TechAcademy(プログラミングやアプリ開発を学べるオンラインスクール)
現役講師。
10年前からHTMLやCSSを利用しホームページやブログの作成を開始しプログラマへ。
iPhoneアプリエンジニアとして業務に携わる経験も持ちながら、現在はフリーランスでWordPressを利用したWebサイトやブログを構築。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • 演習の教則本としては向かない

    3.0
    kotetsu1701

    この本については、ほかの方がレビューされているので、ここでは違った点からレビューしてみます。結論から言うと、「とりあえず演習として作ってみたい」という方には向きません。Wordpressを利用したショッピングサイト制作のための本であり、すでに商品等が用意されており、販売のための準備ができてる方のための本といえます。冒頭からドメイン名の取得やレンタルサーバーを借りるということになっています。この本を最後まで進めてみれば、わかりますが、インターネット上で公開する前提になっています。いくら演習のためとはいえ、架空のショッピングサイトを公開するということは問題を起こしかねないという要素を含んでいます。演習として学習する前提であれば、パソコン上にXAMPPというサーバーソフトをインストールし、Wordpressの導入したうえで、本書に書かれていることを進めていけばいいと思います。そうすれば、ドメイン名やレンタルサーバーにコストをかける必要はありません。

  • 1.0
    さく

    「個人サイトが作れる!」という触れ込みで購入したのですが、見事に騙されました。と言うのも、本書で解説されているオリジナルテーマは、WPにサイトで商品を販売する機能を追加するプラグインである『Welcart』を導入しなければ動作しないからです。そしてこのWelcartは、インストールすると自動で「カート機能」や「商品紹介ページ」などが追加されます。これが本当に厄介で、個人サイトを作るなら邪魔でしかありません。何も商品は販売していないのに、なぜか存在するショッピング機能......。サイト管理上よろしくないことは子供でも分かりますよね。「アフィリエイトサイト、ショッピングサイトが作れる!」という謳い文句を言いながら、実態はショッピングサイトの開設にバランスが傾いています。一体どこの個人サイト製作の解説書で、Welcartなしでは動作しないテーマを使っているテキストがあるのか、もしあれば教えて欲しいです。売り上げの増大を狙う気持ちは分かりますが、「この本買えばサイト全部作れますよ!」なんて無責任なことは言わないで欲しいものです。

  • 初版のレビューを読むべし

    3.0

    レビューが良かったので、購入したのですが自分には合いませんでした。4日で読破できましたが、結構ストレスがたまる本です。URLの入力や色々指示はあるのですが、SSを見て入力せねばならず、そのSSの文字が小さすぎる。老眼の方は絶対見えないし目のいい自分でもなんだこれ?ってなります。内容も薄いですし、こちらではなく初版のレビューのが正しい評価だと思います。

すべての33レビューを表示

  • takao

    ロリポップ・無料サーバーにword pressをインストールして利用 続きを読む

すべてのレビューを読む