発売日 2020年02月19日(水)

大好きな人がずっと一緒にいたいと思う女になれる。 褒め言葉の魔法

著者名:瀬里沢マリ(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-8156-0389-2
サイズ:
46判
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・瀬里沢マリ

<著者プロフィール>
瀬里沢マリ(せりざわ・まり)
溺愛コンサルタント。薬学博士。脳科学者。
1985年生まれ。東京都出身、ニューヨーク在住。
2013年に東京大学大学院薬学系研究科で博士号を取得後、渡米し、ニューヨークの脳科学研究所に勤務。その傍ら、独自に編み出した溺愛される方法を友人知人に教えているうちにクチコミが広がり、2015年より溺愛コンサルタントとして活動を開始。「高学歴女子の恋愛サロン in NY」というブログを運営し、のべ1300人以上に「理想の男性に溺愛される方法」をセミナーで教えたり、個別にアドバイスをしている。「溺愛される私になる3か月講座」では、受講生の3人に2人が3か月以内に結婚したいと思える理想の彼氏ができている。自身も実践することで、性格の悪い主人から溺愛されて幸せな結婚生活を送っている。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 男性に大切にされる事が病みつきになります!

    5.0
    ひろこ

    ここ数年の私はマリさんの溺愛理論なしでは考えられないほど、マリさんの発信する溺愛される方法が大好きです♪女性が日々、幸せを感じられるのはもちろんですが、この溺愛理論によって男性側もとても嬉しそうなのが最高です♡今回の新刊は溺愛理論に基づいた具体的な褒め方や男性に伝わりやすい言葉、男性の褒められたいポイントを探す方法が詳しく書かれてあります!3冊全て読む事をオススメしますが、この3冊目だけでも実践しやすい内容だと思います。私は元々、父に溺愛されてて、母を見ていても女性が男性に何でもしてもらうのが当たり前の環境で育ったのですが、赤の他人(職場や通ってるお店の店員さん等)にも溺愛される事が可能だと分かりました!彼とデートした帰りに『あそこはまだまだ褒められたなぁ…』と一人反省会をして次はどんな褒め方をしようか?この本を参考にしながら考えてるだけでも楽しいです♪世界中の全女性に読んで欲しいです♡

  • 学生の頃から知っていたかった話

    5.0
    Amazonカスタマー

    私は女子校の中高一貫校から男子8割の大学に進んだためか、男性心理をまったくわからないままの毎日で戸惑うことばかりでした。どうやら男女は違う理屈で動いているらしいとか、男勝りでいても誰も幸せにならないようだ、といったことを痛い目に合いながら実地で学んだ20代を経て、いい人に巡り合って結婚できました。結婚してしばらくして、若い頃に私は何ができていたらよかったんだろうとふと疑問に思い、マリさんの著作に手を伸ばしました。書かれている内容を見て頭を抱えました。たしかにそうだ、と思うことばかりです。男性は女性を幸せにしたいのだ、という一環した主張にも、過去を思い出すと多いに納得できます。「この本で学んだ知識を頭に叩き込んで、過去にタイムリープしたい」と切実に願ってしまうほどの良書でした。

  • 褒める力ってすごい!!

    5.0
    Dulce_333

    読む前は、好かれるためにがんばって褒めるなんて・・・という気持ちが正直ありました。ですが、自分が褒められてうれしいように、褒めることは恋愛だけでなく、友人関係、仕事や結婚生活など、あらゆる人間関係を素敵なものにすることができるのだと理解しました。これからは、私も褒められたら、褒めてくれた相手のためにも素直に受け取り、相手に対しても良いところを積極的に見つけてどんどん褒めていこうと思います。私にとっては、恋愛はもちろん、新たな人間関係を気づくことがとても楽しみになる一冊でした!

すべての30つのレビューを表示

  • スナフキン

    恋愛テクの本と思いきや、人間関係を築くための良書だと思った。褒めるって何気に大事だ。自分の周りの人が自信を持ってくれたらいいな。 続きを読む

  • 「褒めたら喜ばれる」ということは何となく知っていたけど、具体的な効果や褒め方が載っていてわかりやすかったし、やってみようという気持ちになれた。 続きを読む

  • けろん

    これからもたくさん褒めて感謝の気持ちを伝えていきたいと思いました。褒められて嬉しくない人なんかいないですものね! 続きを読む

すべてのレビューを読む