発売日 2020年02月14日(金)

転生幼女魔王 ~私は魔界よりもクラスを支配したい~

著者名:葉月双(著者) 黒兎(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-8156-0478-3
サイズ:
文庫
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・葉月双

イラスト・黒兎

Twitter

Unable to load Tweets

  • 不発気味のボケ倒し

    3.0
    ポロロッカ

    ※以下の内容には【ネタバレ】が含まれる可能性がありますかわいらしい笑顔のカバーをめくると,そこには同じ構図でほくそ笑む彼女がまた.幼女と魔王,表と裏の顔と察するには充分で,その広がりが楽しみになったのですが,特に盛り上がらず,小三の少女たちだからか,ゆるゆると流れ,終わってしまった印象.期待をしていた,元魔王の主人公と,クラスメイトとの噛み合わないやり取りも,勘違いを含めてあまり膨らまず,笑いにもそれほど繋がっておらず消化不良に感じ,それに気付かない彼女にはイラッと,ボケ倒しにもう少し『反発』がほしかったです.また,その『ズレ』を補う括弧書きでの心の声が,わかりづらく,目にもうるさいです.このほか,終盤に割り込む別の流れは,それなりの形となってまとめられますが,前フリがあったとはいえ,掘り下げが足りず,取って付けた感は否めないところで,やるなら背景と併せてもう少し丁寧に,本筋との区別を付けて見せてほしかったです.

すべての1レビューを表示

  • 真白優樹

    独裁を敷いて部下に殺され、人間の幼女に転生した魔王が魔界からの刺客を跳ね除けながら人間としての日常を楽しむ物語。―――魔界なんて知らない、今の私の世界はここだから。 小学三年生、それはバイタリティ溢れるお年頃。その事実を示すかのように子供達のエネルギーが溢れている物語であり、盛大に勘違いしたり勘違いから恨みを買ったりしながらそれでも人間の人生を面白おかしく生きる、笑いとこの年頃故の熱さに満ちた物語である。一つのイベントを乗り越え、今度はどんな日常が彼女達を待っているのだろうか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む

  • 水無月冬弥

    葉月双先生の #ラノベ 一風変わった魔王転生ものだけど、誰もかれもが心の声がうるさいですなあ。勘違い系のドタバタギャグで攻めているのに、不意にいい話にするのは卑怯だと思います。 続きを読む

  • 尚侍

    面白かったんですが、ページ数の割に物語の構成要素が多く、やや焦点がぼやけてしまったかなという感じでした。幼女なのに俺tueeeeとか、クラスメイトから色々されているのにもかかわらず鈍感力を発揮して乗り切ってしまうとか、個々の構成要素は面白いのに、それらの要素が詰め込まれすぎてしまっていることで印象が薄くなってしまい、全体的に薄味に仕上がってしまっているように感じました。あとは頻繁に内心描写がされていますが、これだけ量が多いとカッコではなく改行して読みやすくするといった工夫がある方がよかったように思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む