発売日 2020年04月14日(火)

城なし城主の英雄譚2 彼女の愛が止まらない!

著者名:阿樹翔(著者) 八葉(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-8156-0560-5
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・阿樹翔

イラスト・八葉

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 新キャラ登場。面白かったー。

    3.0
    ニア

    街の冒険者が冒険するような「普通」の雰囲気がある、この作品。特別珍しいという点は薄いのですが、昔のソードワールドの小説を思い出して好き。今回は新キャラ登場。竜人のオリヴィアの幼馴染みで、ちょっと性格に難のあるオリヴィアが登場。主人公のレオン君と関わり、親しくなります。前半はオリヴィアとリネアで中型古城の攻略。後半はウィルスで歪んだお城をパーティーで攻略。オリヴィアとレオン君の仲が親しくなります。サクサク読み進めることができ、あっという間に読み終えられます。お約束の展開だけに安心して楽しく読めます。裏を返すと、お約束予想のつく展開が多いので、変わった展開を好む人には不向きです。

  • 主人公の秘密に迫る二巻。上手くまとまっているが盛り上がりは控えめ

    4.0
    mit_ace

    オーソドックスながら独自設定も多めのファンタジー第二巻。散らかり気味だった一巻と違って、ハーレム風味の冒険者ものとして上手くまとまっている。逆に言うと、ごく普通の冒険者ものになってしまったなという感もある。熱いシーンも前作と比べると控えめ。攻城戦やクラン対立の要素は無いので期待しないように。ほぼダンジョン(古城)探索しかやっていない。ストーリーとしては、主人公の謎により深く切り込んだり、ラブコメも進展を見せたりと、今後に期待できる内容。個人的には一巻よりも面白かったが、何を求めるかによって評価は分かれるだろう。

  • シリアスはほぼほぼ無い

    4.0
    shimauma

    ラブコメ。通してコメディ。戦闘中までラブラブしてる。※イチャイチャではない。不快や失望ではない、拍子抜け感。おもしろい。

すべての7つのレビューを表示

  • まっさん

    ★★★☆ GA文庫大賞奨励受賞作品第二弾。巷ではそこまで話題になっていない印象だったが、個人的に結構好きな本作。前巻で固い絆で結ばれたレオンとリシアが、共闘したオリヴィアに絡むとある因縁に巻き込まれていく話。前巻に引き続き気持ちのいいくらい王道ファンタジー作品に仕上がっており、いい意味でそこまで複雑な設定も用意されていないために読み味もかなり良いものとなっている。ファンタジー作品をあまり読んだことがない人に是非とも読んでもらいたい一作。ただ、終盤のあるキャラクターとの戦闘シーンはもう少し厚みを持たせ→ 続きを読む

  • しぇん

    オリヴィアとオリヴィアの幼なじみのアリスティアメインの今巻。一巻でオリヴィアに食われて影薄かったリシアが目立ってたように感じました。ヒロイン達皆魅力的だし、主人公も気持ち良い快男児なのでまだ続いてくれると嬉しいですね 続きを読む

  • 真白優樹

    中型古城に挑んだレオンが仲間不足を感じる中、オリヴィアの幼馴染である竜人の少女、アリスティアがレオンに接近してくる今巻。―――彼女の愛は止まらない、止まらぬ炎はその身を焦がす。ダンジョン攻略と言う方向性に焦点を当てると共に、前巻ではレオンにあまり距離を詰められなかったヒロイン、オリヴィアに焦点を当てる巻であり、彼女の魅力がこれでもかと詰め込まれると共に、自分の力に気付いたレオンが新たな一歩を踏み出す、更に登場人物達の魅力が溢れている巻である。果たしてレオンの今後の冒険とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品