SBクリエイティブ

部位別にわかるヨガ解剖学ノート

ケリー・ソロウェイ:著者

「塗り絵」図解で人体の仕組みを実感

本書は、さまざまなヨガのポーズ(アーサナ)について、あなたの骨や筋肉がどのようになっているのかを知り、身体の各部を正しいポジションに置くためのものです。

肩関節、胸部の筋肉といった身体の部位ごとに、特に意識すべきアーサナを解説し、その解剖学的な図解を掲載しています。
その図解には、自分で色を塗ることもできます!

それが新たな学びとなり、記憶が定着するのを助けてくれるでしょう。
さらに巻末には、どこでもヨガ解剖学を学べるよう、携帯用カードをおつけしました。

身体の仕組みを深く理解するほど、アーサナの練習がより洗練され、より安全なものになります。
インストラクターの方はもちろん、ヨガの教えを実践する皆さんに役立つ一冊です。

※本書電子版には、塗り絵、カード、印刷などの機能はありません※

●目次
はじめに
本書の使い方

第1章 人体に関する用語と基本的な身体の仕組み
・運動の方向(ウッタナーサナ 立位前屈、ヴィーラバッドラーサナⅡ 戦士のポーズⅡ、パリヴルッタ・トリコーナーサナ ねじった三角のポーズ)
・方向を表す用語(アドー・ムカ・ヴルクシャーサナ 下向きの木のポーズ)
・動きを表す用語(ヴリシュチカーサナ サソリのポーズ)
・身体の仕組み(解剖学的正位)

第2章 骨格、関節、結合組織
・骨格系の機能
・骨の種類
・軸骨格
・付属肢骨格(アルダ・チャンドラーサナ 半月のポーズ)
・関節の種類(ウッティタ・パールシュヴァコーナーサナ 体側を伸ばすポーズ〈サイドアングル〉)
・結合組織の種類
・筋膜(ガルダーサナ ワシのポーズ)
・肩関節(ダンダーサナ 杖のポーズ)
・骨盤の関節(ヴァシシュターサナ 賢者のポーズ〈サイドプランク〉)
・膝の関節(ヴルクシャーサナ 木のポーズ)

第3章 筋系
・筋肉組織の機能
・骨格筋組織の特徴
・筋肉の役割(パスチモッターナーサナ 長座前屈)
・筋収縮の種類(クンバカーサナとチャトランガ・ダンダーサナ 板のポーズ〈プランク〉と四肢で支える杖のポーズ)
・筋肉の知識を増やす(アドー・ムカ・シュヴァーナーサナ 下向きの犬のポーズ〈ダウンドッグ〉)
・頸部の筋肉(アルダ・マッツェーンドラーサナ 半魚王のポーズ、シールシャーサナ 頭立ちのポーズ)
・肩の筋肉(ダヌラーサナ 弓のポーズ、ゴムカーサナ 牛の顔のポーズ)
・上腕の筋肉(ウールドヴァ・ムカ・シュヴァーナーサナ 上向きの犬のポーズ〈アップドッグ〉、カカーサナ〈カラスのポーズ〉、ナタラージャーサナ 舞踏の王のポーズ)
・前腕の筋肉(スプタ・パダングシュターサナ 仰向けで足の親指をつかむポーズ)
・胸部の筋肉(ヴィーラバッドラーサナⅡ 戦士のポーズⅡ、ウッカターサナ 椅子のポーズ、パドマーサナ 蓮華座)
・背部の筋肉(クルマーサナ カメのポーズ、ベーカーサナ カエルのポーズ、クルマーサナ カメのポーズ、ブージャンガーサナ コブラのポーズ)
・腹部・腰部および体幹の筋肉(ウシュトラーサナ ラクダのポーズ、バーラーサナ 子どものポーズ、スプタ・ヴィラーサナ 仰向けの英雄のポーズ、ヴィーラバッドラーサナⅠ 戦士のポーズⅠ、ヴィシュヴァーミトラーサナ 賢者のポーズ〈サイドプランク〉のバリエーション)
骨盤筋(ハラーサナ 鋤のポーズ、エーカ・パーダ・ラージャカポターサナ 半分のハトのポーズ、ウッティタ・トリコーナーサナ 三角のポーズ)
・脚の前面の筋肉(プラサリタ・パードッターナーサナ 立位の開脚前屈、マーラーサナ 花輪のポーズ)
・脚の後面の筋肉(ウッタナーサナ 立位前屈)
・脚の内側面の筋肉(ウッティタ・ハスタ・パーダングシュターサナ 足の親指をつかんで伸ばすポーズ)
・脚の外側面の筋肉(パールシュヴォッターナーサナ ピラミッドのポーズ)

用語集
索引
携帯用カード

定価:2,475円(本体2,250円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2022年2月17日(木)
  • ISBN:978-4-8156-0873-6
  • サイズ:B5変
  • ページ数:136
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・ケリー・ソロウェイ

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る