SBクリエイティブ

世界のビジネスエリートが身につけている教養としてのテーブルマナー

小倉朋子:著者

約3万人の人生を変えてきた人気マナー講師が「世界のビジネスエリートの食べ方とふるまい」を通して、「マナーからにじみ出る教養」について説く本。
各国の大使や国内外の要人らとの多くの会食から、著者が得た知見は「食べ方は生き方の鏡である」「マナー(美しさ)とは、単なる形式ではなく、まわりへの配慮である」というもの。
・世界のビジネスエリートの食事風景とは、どんなものか?
・世界のビジネスエリートは、マナーの何を大事にしているのか?
・世界のビジネスエリートがマナーよりも大事にしていることとは?
和洋中から手食のインド料理、ハラルフード、ファストフードやブッフェまで、世界各国の料理のマナーに触れつつ、「なぜその形式に至ったのか」、文化や民族性から考える「相手への心遣い」や「他国の食文化への敬意」、「世界を変える食の本当の大切さ」についてひも解きます。
「マナーとは人をジャッジするものではない。まわりの人を幸せにする技術である」と語る著者の言葉は、「マナーによって知識をひけらかすのではなく、マナーを知ったうえでマナーにとらわれない姿勢こそが真の教養であることを示しています。世界レベルのビジネスエリートに求められるのは「正しさではなく敬意」です。

(※目次は変更の可能性があります)

第一部 食べ方を整えることは、生き方を整えること

【1】美しい食べ方には法則がある
――「小倉式・食事七則」

【2】教養としてのマナーを身につける
――「育ち」も「年齢」もいっさい関係ありません

第二部 この知識と実践で、「一流の食べ方」は体得できる

【1】和食
――自然に対する深い敬意が育んだ美しい作法

【2】フランス料理
――世界最高峰と賞される美食文化の楽しみ方

【3】中国料理
――大勢で分け合う大皿料理に見る同族意識

【4】イタリア料理
――「健康」「悦楽」としての食の源流、ここにあり

【5】インド料理・ハラルフード
――宗教の戒律と固く結びついた食文化

【6】ファストフード
――カジュアルな食事にも品よく食べる方法がある

【7】ビュッフェ・立食パーティ
――決まったマナーがないからこそ、品性が問われる場

定価:1,760円(本体1,600円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2023年3月4日(土)
  • ISBN:978-4-8156-1798-1
  • サイズ:46判
  • ページ数:240
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

小倉朋子(おぐら ともこ) (株)トータルフード代表取締役。フードプロデューサー。亜細亜大学講師。トヨタ自動車㈱、国際会議ディレクター、海外留学、ホテル&フードコンサルタントを経て、「ようやく天職に」と食に一本化。先祖代々に渡り、食を大切にする環境に育つ。世界各国の正式なテーブルマナーと、幅広く食を学び生き方を整える「食輝塾」主宰。飲食店や企業のメニュー開発、フードプロデュース業ほか、各種食育委員など。文化から最新情報、ダイエットまで精通した食のスペシャリスト。 テレビ、ラジオなどメディアにも多数出演し、美しく凛とした食べ方を推進すべく活動している。日本箸文化協会代表。 著書に、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店)、『よりぬきグルメ以前の食事マナーの常識』(講談社) ほか多数。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る