SBクリエイティブ

ジェット旅客機の秘密に迫る

原野康義:著者

「安全」「高速」「快適」を支える機体と運航のメカニズム

元ANAのエンジニアと航空機関士がタッグを組んで制作!

本書は、ANAの元エンジニアだからこそ書ける、さまざまなジェット旅客機の知識や裏話が満載です。イラストもANAの元航空機関士が描いており、プロだからこそ描ける品質で、ジェット旅客機の構造やシステムをわかりやすく、正確に表現しています。ジェット旅客機の構造やシステムに関心がある人の「知的好奇心」を満たすこと請け合いです!

■■第1章 大きな飛行機の話
最大の旅客機
その他の大きな旅客機
もっと大きな飛行機
旅客機の更なる大型化の可能性
★Column 飛行機と滑走路強度の関係

■■第2章 ジェットエンジンに関連する話
1. ジェットエンジンの種類、構造および進化
ジェットエンジンの種類
★Column 軸流式と遠心式
ターボファンエンジン
エンジンの大きさ、推力の変化
エンジンの効率の改善
大口径ファンの登場
優れた耐熱材料の出現

2. エンジンの数の変化と航空業界の変革
双発機による長距離運航(ETOPS)
ETOPSの導入がもたらした変革(多発機の衰退)

3. その他、エンジンにまつわる四方山話
排気ガスの速度、威力
エンジンの回転方向
エンジンの渦巻きや目玉模様
エンジン排気ガスと飛行機雲(コントレール)
★Column 飛行機にお賽銭?

■■第3章 翼と揚力と渦の話
1. 動翼とその機能
エルロン
フラップとスラット
スポイラー
★Column 翼端失速とは? どうして怖いのか
2. 揚力と渦(循環)
揚力
翼端渦の危険性
翼端渦の活用

■■第4章 脚(ランディングギア)まわりの話
脚、車輪
タイヤ
★Column 四角になったタイヤ
ブレーキ
ハイドロプレーニング
★Column ハイドロプレーニングの発見
滑走路グルービング

■■第5章 与圧と空調の話
1. 与圧
機内圧のコントロール
機内の気圧高度と機内外の差圧と飛行高度
最近下げられた最高許容飛行高度
与圧が失われる事態とハイポキシア
2. 空調(エアコン)
空調の仕組み
オゾンへの対応
★Column 気になるウイルス等への対応

■■第6章 燃料タンクと燃料の話
1. 燃料タンク
燃料タンクの種類と配置
燃料タンクの容量と燃料搭載量の計測方法
2. 旅客機で使用される燃料と消費量
燃料の種類
代替燃料
実運航での燃料消費量と環境への影響
燃料消費量に影響を与える要因
3. 燃料削減(CO2削減)対策
ICAOの燃料削減(CO2削減)対策
運航方式の改善
★Column 「将来航空航法システム(FANS)」という名前の構想
新技術の導入
経済的手段

■■第7章 トイレと乗客が引き起こすトラブル
1. トイレ
トイレの種類
旅客機に温水洗浄トイレ
2. 乗客達が起こしたトラブル
トイレを詰まらせる人達
トイレを使わない人達
便器に吸い付けられたまま長時間飛行

■■第8章 降雨、降雪、凍結等への対応の話
1. 降雨、降雪対応
ウィンドウワイパー
撥水剤(レインリペレント)
コーティング
2. 凍結対応
防氷(アンチアイシング)システム
除氷(ディアイシング)システム
撥水剤の塗布による防氷(防氷コーティング)
3. 空港における雪氷との戦い(冬季運航)
機体の除雪氷
滑走路の除雪氷
滑走路摩擦係数の計測方法

■■第9章 エアデータ計測システムとデータ
1. エアデータの計測
速度の計測(ピトー管と静圧孔)
★Column ピトー管を塞ぐ虫がいます
外気温の計測(TATセンサー)
2. 対気速度とマッハ数
対気速度
速度の単位
★Column 海マイルと陸マイルと陸マイラー
実運航で使用される速度
3. 高度計と飛行高度
高度計(静圧による計測と電波による計測)
実運航での飛行高度(フライトレベル)

■■第10章 ドアと緊急脱出スライドの話
1. 旅客機のドアと緊急脱出スライド
客室のドアのタイプ
緊急脱出スライド・ラフト
2. 貨物機のドア
★Column B747Fの機首ドアを手動で閉じた人

■■第11章 危険を回避する装備や対策の話
1. 衝突防止警報装置(TCAS)
TCASの機能
TCASの指示と人間の判断
2. 地上接近警報装置(GPWS)
GPWSの機能
3. ウィンドシア警報システム(RWS またはPWS)
反応型システム(RWS)と予知型システム(PWS)
4. 落雷への備え
被雷対策
飛行機の運航への影響

■■第12章 飛行機に使用される複合材料の話
機体に使用される複合材料
エンジンに使用される複合材料
日系企業の貢献

■■第13章 機体塗装
華やかになった機体塗装
塗装の目的、要件
外板塗装のイメージと塗り替え頻度、量
塗装方法の進化
★Column 世界一軽い塗料が開発された?

定価:2,420円(本体2,200円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2024年3月24日(日)
  • ISBN:978-4-8156-2476-7
  • サイズ:A5判
  • ページ数:256
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・原野康義

航空解説者。1971年、九州大学工学部航空工学科卒業。全日本空輸株式会社(ANA)入社。整備および運航技術部門で現業に従事。運航技術部技術管理チームリーダー、乗員室路線訓練部副部長、総合安全推進部担当部長を務める。2003年、日本貨物航空運航部運航基準室長 兼 安全推進委員会事務局長。2008年、日本貨物航空執行役員 安全・環境本部 副本部長。現在は、公益財団法人航空輸送技術研究センター監事、公益社団法人日本航空技術協会会員。本書が初の著書。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る