SB新書
暗号通貨VS.国家
暗号通貨VS.国家
ビットコインは終わらない

坂井豊貴 著
ISBN
978-4-7973-9823-6
サイズ
新書
ページ数
216
価格
800円+税
出版日
2019/02/06
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


仮想通貨の経済圏とは?


「仮想通貨は終わった......」
相場の暴落を機に、メディアには否定的な報道があふれかえった。
しかし、ビットコインをはじめとする暗号通貨は、本当にこのまま消えてなくなっていくのだろうか。
私たちは、まだ暗号通貨の本当の可能性に気づけていないのではだろうか。

本書は、『多数決を疑う』『マーケットデザイン』などの著作をもつ著者が、経済学の視点から暗号通貨の思想・制度設計・通貨としての役割を詳細に論じる。本書のタイトルは暗号通貨と国家を「vs」で対置させている。だが暗号通貨は「反国家」ではない。暗号通貨は「非国家」。国家に過度に集中した力を世のなかに分散させていくものだ。

暗号通貨で社会はいかに変革するか。
本書は今起きていること、これから起きることを冷静に見通すための手助けとなる1冊である。


坂井豊貴 (さかいとよたか)
慶應義塾大学 経済学部 教授。ロチェスター大学 Ph.D.(経済学)学位。

社会的選択理論、マーケットデザイン、メカニズムデザインが専門。1975年広島県生まれ。
横浜市立大学、横浜国立大学、慶應義塾大学の准教授を経て、2014年に38歳で慶應義塾大学経済学部教授に着任。著書に『多数決を疑う』(岩波新書、2016年新書大賞4位)、『決め方の経済学』(ダイヤモンド社、2016年週刊ダイヤモンド・ベスト経済書3位)ほか。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について