ノンフィクション/ビジネス
アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書
アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

スティーブン E. ルーカス 著
狩野 みき 監修
ISBN
978-4-7973-8342-3
サイズ
四六/1色
ページ数
308
価格
1600円+税
出版日
2016/11/30
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


ハーバードでも採用される伝え方の教科書


ハーバード大学をはじめとする1000校以上のアメリカの大学で 20年以上使い続けられているアメリカでもっとも定評のある教科書を初翻訳

なぜ日本人は話すのが下手なのか、なぜテクニックを学んでもうまくいかないのか。それは、もう、子供のころから教えられていることが違うので、根本のところから違うのです。
「説得したいならこういう型」「アイデアに共感してほしいならこういう型」など、様々な型を自分のものにしていたり、また、そもそも「相手ありき」で伝えることを考えているので、話の内容も豊かになっていきます。

本書では、「伝え方」の基本エッセンスがしっかりつまった教科書として、自分の伝え方を根本的なところから劇的に変える「教科書」としてノウハウを紹介します。

■目次:
第1章 「人前で話す」ということ(Speaking in Public)
第2章 人前で話すためのルール
第3章 「あなたの話、ウラは取れていますか?」
第4章 「プレゼンという有機体」をどう作り上げるか
第5章 「はじめ」と「終わり」がモノを言う
第6章 たかがアウトライン、と侮るなかれ
第7章 話す目的別「伝え方の型」
第8章 よい聴衆になることが、よい話し手になる第一歩(Listening)


著者:スティーブン E. ルーカス(Stephen E. Lucas)
1972年カリフォルニア大学サンタバーバラ校卒業し、ペンシルベニア州立大学で博士号取得。ウィスコンシン大学マディソン校教授。著書『レトリックと革命』は、1977年にナショナル?コミュニケーション学会のゴールデン周年記念賞を受賞し、ピューリッツァー賞にノミネートされた。教授としても数々の教育賞を受賞。

監訳者:狩野みき(かの みき)
慶應義塾大学法学部卒、慶應義塾大学大学院博士課程修了 (英文学) 。慶應義塾大学、聖心女子大学、ビジネス・ブレークスルー大学講師。考える力イニシアティブ、THINK-AID 主宰。20年にわたって大学等で「考える力」「伝える力」と英語を教える。『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』(日本実業出版社)『プログレッシブ英和中辞典』(共同執筆、小学館) など著書多数。2012年、TEDxTokyo TeachersにてTEDトーク "It's Thinking Time"(英文)を披露し、好評を博した。

















企業情報 個人情報について