SB新書
教養バカ
教養バカ
わかりやすく説明できる人だけが生き残る
SB新書シリーズ

竹内 薫 著
嵯峨野 功一 編
辛酸なめこ イラスト
ISBN
978-4-7973-8896-1
サイズ
新書/1色
ページ数
192
価格
800円+税
出版日
2017/02/07
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


その説明、ちゃんと伝わってますか?


情報が多様化する現代。
サイエンス作家が初公開! 誰でも使える「わかりやすい技術」

知識ばかり多い「教養バカ」や、専門知識しか持たない「タコツボ」では、生き残っていくことはできない。
相手にわかりやすく伝える技術が求められているのである。
では、どうすればよいか。

本書は、そんな「伝え方」「説明」に悩みを持った人に、サイエンスライターとして、文系・理系ともに支持される竹内先生が、「わかりやすさ」のツボをおしえる1冊。いまでこそ、TVのコメンテーターとして引っ張りだこの著者だが、「話がわかりにくい」と悩んだ時期もあったそう。そこから、経験を重ねるうちに、「わかりやすさ」には「ツボ」があり、それを踏まえれば、どんな相手からも「わかりやすい!」と信頼されることを発見!わかりやすい技術を磨いていった。

「場数は必要だが、遠回りしないでほしい。」

そう願う著者が、その長い経験から培った「わかりやすさのツボ」をおしみなく開陳する。

■目次:
序章 教養バカが社会をダメにしている
1章 世の中は「わかりやすさ」を求めている
2章 わかりやすい説明7つの技術
3章 教養があるのに話がわかりづらい人
4章 語彙力を増やそう
5章 わかりやすいを疑おう
6章 脳内に「絵」を描くトレーニング


竹内薫 (たけうち かおる)
サイエンスライター
科学の真面目な解説があるかと思えば、それを小説風に料理したSFタッチのショートショートも登場する。SFか現実かわからない不可思議なミステリーも飛び出す。本の多くには変幻自在のシュレ猫が登場する。科学評論、エッセイ、書評、講演などを精力的にこなす。1960年東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。NHK Eテレ「サイエンスZERO」、「たけしのコマ大数学科」など。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

















企業情報 個人情報について