発売日 2016年05月17日(火)

[Si新書]教養として知っておくべき20の科学理論
この世界はどのようにつくられているのか?

著者名:細川 博昭(著者) 竹内 薫(監修)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8635-6
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・細川 博昭

監修・竹内 薫

【著者】細川博昭(ほそかわ ひろあき)
作家、サイエンス・ライター。鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。おもな著作に、サイエンス・アイ新書『知っておきたい自然エネルギーの基礎知識』『マンガでわかるインコの気持ち』『身近な鳥のふしぎ』(SBクリエイティブ)などがある。

【監修者】竹内 薫(たけうち かおる)
理学博士(Ph.D.)、サイエンス作家。東京大学教養学部教養学科卒業、東京大学理学部物理学科卒業、マギル大学大学院博士課程修了。科学書、新聞・雑誌のコラム、書評、テレビやラジオなど、幅広く科学の啓蒙活動を展開している。著作は『素数はなぜ人を惹きつけるのか』(朝日新聞出版)ほか多数。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

教養として知っておくべき20の科学理論"]
  • NDS

    教養として知っておくべきなのかもしれないが、本書を一読して8割でも理解しようと思うなら、少なくとも高校レベルの理科の素養が必要であると思われる。 宇宙、物理、化学、地球、生物の分野から、2016年当時の最新理論を紹介しているが、如何せん宇宙・物理・化学の分野基本的に目に見えないことを取り扱っており、そもそもどれだけの知識を保有しているかによって理解度がかなり分かれてくると思われる。 地球に関しては、火山や地震のニュースを見ていれば、ある程度分かるのか。 生物に関しては、人間の子孫に関して興味深く読めた。 続きを読む

  • Aby

    ディスカバリーチャンネルやナショナルジオグラフィックの科学番組を見ている感じで楽しめた.最近の個人的な興味は,恐竜とヒトの「出アフリカ」なので,最後の方が特に面白かった. 続きを読む

  • Roti

    宇宙、物理、化学、地球、生物の分野から選ばれた20の最新の科学理論をわかりやすく紹介。科学の今がわかるし、知ることの楽しさと面白さを教えてくれる良書。カテゴリーが分けられてはいるが、マクロな宇宙論とミクロな量子論が、化学が遺伝子が、古代の地球が、人類の系譜が垣根なくつながっていくことに爽快感さえ覚える。こんなことだけを考えて生きていけたら、長生きするだろう。 続きを読む

すべてのレビューを読む