発売日 2012年02月08日(水)

江戸時代に描かれた鳥たち
輸入された鳥、身近な鳥

著者名:細川 博昭(著者)

¥2,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-5256-6
サイズ:
B5/フルカラー
ページ数:
128
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・細川 博昭

Twitter

Unable to load Tweets

  • kubottar

    江戸時代、インコとオウムとウズラが人気あったんですね。 続きを読む

  • michi

    これはウホウホもの。江戸時代、輸入の記録や身近なものを記す意味での正確で写実的に描かれた鳥たちの図鑑。疲れていて活字読むのも…って時にめくるだけで癒される本。旗本で画家の毛利梅園による「梅園禽譜」。鳥好きじゃないかと思われる角度だったり、実物をじっくり見てみたいなあ…。 続きを読む

  • hirune

    江戸時代から日本には多くの鳥クラスタが存在したのね。写真と違って描かれた鳥さんたちは趣きがあって良いですねぇ♪あの恐ろしげなヒクイドリまで輸入されていたとは!ヒクイドリはもっと足が長いと思ったり、ヒヨドリ似てないとかも思ったけど、眺めるだけでも楽しいな♡ 続きを読む

すべてのレビューを読む