SBクリエイティブ

ファイティング・ファンタジー・コレクション 40周年記念~イアン・リビングストン編~「巨人の影」

安田均とグループSNE:著者

1982年――イギリスで刊行された1冊の本。

ひとりで遊ぶ「ロールプレイングゲーム」たるその本
『火吹山の魔法使い』は、またたくまに世界を席巻した。

その世界的な熱狂から40年。

いまふたたび二人の巨匠が筆を執り、新作を送り出す――!

今回収録される作品は5篇――シリーズ創始者の最新作にして表題作。

イアン・リビングストン著
『巨人の影』

そのほか、厳選された傑作4タイトルを収録。

歴史に名を刻む伝説のファイティング・ファンタジー。
その記念すべき最新作を万感の思いを込めてお届けする。

究極のコレクション・ボックス、堂々の刊行!

■ファイティング・ファンタジーとは?

イギリスのクリエイターである
「スティーブ・ジャクソン」と「イアン・リビングストン」の両名による
書籍シリーズで、本を読み進めながらさまざまな選択を重ね、
先の見えない結末へと至る物語。

このシリーズは世界中で大反響を巻き起こし、
本国であるイギリスはもちろんのこと、各国で人々の記憶に刻まれる作品となった。

このファイティング・ファンタジーの後を受けて、
玉石混交さまざまな類書が生まれてきたが、
本シリーズならではの魅力を以下に挙げる。

●豊富かつ大胆な選択と、意外性に富んだ展開
暗い迷宮に張り巡らされた罠、敵か味方かもわからぬ奇妙な人々、
得体の知れない未知の食物――旅の中で冒険者を待ち受ける数々の危難。

それらにどう対処していくのかが運命を分かつことになる。

本シリーズでは、そうした運命の分かれ道が「選択肢」という形で提示される。
中には読み手が思いつかないような機知に富んだものもあり、予想だにしない劇的な展開をもたらすことも。

●1人で遊ぶRPGとしての絶妙なバランス

本シリーズの源流にあるコンセプトは「1人で遊べるRPG」であり、
それゆえに旅の途中で遭遇する敵は、それぞれ固有の「数値」や「能力」を持つ。

プレイヤーの分身たる冒険者も能力数値を有しており、敵との戦闘はもとより、
過酷な環境や罠などによって次第に体力を消耗していく。

本シリーズはこうした「ゲーム」としての数値設定が絶妙であり、
変化してゆく数値に一喜一憂する楽しみも魅力の1つと言える。

●緻密な描写で独特の雰囲気を醸し出す文芸性

文字を主体として冒険を描く本書では、あらゆる情報が文章を通じて表現される。

本格的なファンタジーとして描かれるその世界観は、
後年のコンピュータゲームのようなパステルカラーに彩られてはおらず、
重厚かつ濃密で、ときに猥雑ですらある。

そうした独自の世界観を描き出す表現力があるがゆえに、本作は不朽の名作として輝き続けている。

【収録作品】

今回のコレクションに収録される作品は、ぜんぶで5篇。

シリーズの創始者であり、現在は伝説的存在として世界に知られる
「スティーブ・ジャクソン」と「イアン・リビングストン」の筆による最新作を収録。

そのほか、厳選された4篇を加えて、全5タイトルをお届けする。

恒例の安田均氏による解説本も同梱。

豪華化粧箱入り。

各作品の専用キャラクターシート付属。

定価:8,580円(本体7,800円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2023年7月14日(金)
  • ISBN:978-4-8156-1962-6
  • サイズ:B6判
  • ページ数:1400
  • 付録:-
  • 巨人の影

    巨匠イアン・リビングストン本人の手による最新作。ファイティング・ファンタジー40周年を記念して執筆され、物語の発端をシリーズの原点「火吹山」の周辺に置くなど、ファンへのサービス精神に溢れた作品。火吹山の奥深くで発見されたアーティファクト。その失われた力がアイアン・ジャイアントを世に解き放つ……!

  • 収録タイトル第2弾

    近日発表予定。

  • 収録タイトル第3弾

    近日発表予定。

  • 収録タイトル第3弾

    近日発表予定。

  • 収録タイトル第5弾

    近日発表予定。

  • 【特別書き下ろし解説書】

    かつてファイティング・ファンタジーの専門誌として刊行されていた雑誌「ウォーロック」。その日本語版の監修を務めた安田均氏による解説書を同梱。

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介


関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る