SBクリエイティブ

ファイティング・ファンタジー・コレクション~レジェンドの復活~

安田均とグループSNE:著者

完全受注生産

巨匠の最新作から幻の一篇まで
伝説のファンタジーゲームブック降臨!

 

1984年――まだコンシューマゲーム機に
「ロールプレイングゲーム」という概念が持ち込まれていなかった時代、
1冊の本が世界を席巻した。

「一人で遊べるRPG」として作られた「ゲームブック」は多くの若者を魅了し、
その始祖たる「ファイティング・ファンタジー」は
最高位のブランドとして数々の名作を世に残してきた。

いま30年の時を超え、新旧の名作をお贈りする。

 

歴史に残る名著5冊+貴重な解説書、
さらには各作品専用のアドベンチャーシートを
豪華化粧箱に収録したコレクター必携のボックスセット!

 

【セット内容】

ゲームブック5冊

『死の罠の地下迷宮』

『危難の港』

『サイボーグを倒せ』

『地獄の館』

『魂を盗むもの』

解説書
雑誌『ウォーロック』監修を務めた安田均氏による書き下ろし解説。

アドベンチャーシート(全5枚)

豪華化粧箱

 

 

 

【収録作品】

シリーズの始祖である巨匠2人の傑作を中心に構成。

未邦訳のままに終わった幻の作品から、巨匠の新作まで、
厳選された名作を収録!

 

今回のコレクションに収録される作品は5編。

シリーズの創始者であり、現在はゲーム界の巨匠として世界に知られる
「スティーブ・ジャクソン」と「イアン・リビングストン」の作品を2作品ずつ。

2017年に発表されたばかりの新作も含めた洗練されたラインナップ。

さらに、かつて日本で展開されていたシリーズは33作品目で途絶えてしまったが、
今回は幻の「34作目」を収録。

20以上年前に途絶えてしまった「夢の続き」をお届けする。

 

■死の罠の地下迷宮

いまだかつて誰も生還したことがない「死の罠の地下迷宮」――

サカムビット公が統治する都市「ファング」を舞台に、
未踏の迷宮へと挑む勇敢なる者たちの試練を描く。

タイトルが示すように迷宮内は「死の罠」に満ちており、
凶悪なトラップがいたるところに張り巡らされ、
多くの難敵が待ち構えている。

シリーズ序盤に発表された作品であり、きわめて高い知名度を誇る名作。

 

■危難の港

2017年に発表された最新シリーズの第一作で、
巨匠イアン・リビングストンが20数年ぶりに
アランシアを描いたことで注目を集めた話題作。

物語はシルバー川に面した河港「チャリス」から始まるが、
やがて冒険の舞台は‘盗賊都市’ポートブラックサンドなど
広大な地域へと広がっていく。

巨匠みずからが作り出したアランシア世界の魅力を
余すところなく披露し、ファンサービスにあふれた一篇。

 

■サイボーグを倒せ

つねに新しい分野を切り開いてきた
スティーブ・ジャクソン氏の筆による
「スーパーヒーロー」という、
シリーズ中では他に類を見ないテーマの作品。

タイタン・シティを舞台に、犯罪や災害から人々を守るヒーロー
「シルバー・クルセイダー」の活躍を描く。

シリーズ中でも異色の題材を再現すべく、
「手がかり」「超能力」「英雄点」など
独自のルールが多く盛り込まれている。

 

■地獄の館

これもまたスティーブ・ジャクソン氏による作品で、
「現代」「ホラー」という題材に挑んだ意欲作。

豪雨の中、事故で車を失ってしまった主人公は、
奇妙な洋館へと迷い込む……。

本作では独自の数値として、
主人公が許容できる「恐怖」の限界を表した
「恐怖点」を導入。

体力点の管理などと並行して
この数値の上昇を極力抑えながら、
館に隠された真相を解き明かさねばならない。

 

■魂を盗むもの

シリーズ第34作目であり、
過去に日本で展開されていた
ファイティング・ファンタジー全33作品の
「次の1本」にあたる作品。

日本におけるファイティング・ファンタジーの系譜、
その再開という思いを込めての選定となる。

タイタン世界全土を脅かす暗黒の魔術師モルドラネス。

その脅威を排除するべく、
嵐の海に浮かぶ孤島「絶望の島」での冒険が繰り広げられる。

 

 

 

■ファイティング・ファンタジーとは?

イギリスのクリエイターである
「スティーブ・ジャクソン」と「イアン・リビングストン」の両名による
書籍シリーズで、本を読み進めながらさまざまな選択を重ね、
先の見えない結末へと至る物語。

このシリーズは世界中で大反響を巻き起こし、
本国であるイギリスはもちろんのこと、各国で人々の記憶に刻まれる作品となった。

このファイティング・ファンタジーの後を受けて、
玉石混交さまざまな類書が生まれてきたが、
本シリーズならではの魅力を以下に挙げる。

●豊富かつ大胆な選択と、意外性に富んだ展開
暗い迷宮に張り巡らされた罠、敵か味方かもわからぬ奇妙な人々、
得体の知れない未知の食物――旅の中で冒険者を待ち受ける数々の危難。

それらにどう対処していくのかが運命を分かつことになる。

本シリーズでは、そうした運命の分かれ道が「選択肢」という形で提示される。
中には読み手が思いつかないような機知に富んだものもあり、予想だにしない劇的な展開をもたらすことも。

 

●1人で遊ぶRPGとしての絶妙なバランス

本シリーズの源流にあるコンセプトは「1人で遊べるRPG」であり、
それゆえに旅の途中で遭遇する敵は、それぞれ固有の「数値」や「能力」を持つ。

プレイヤーの分身たる冒険者も能力数値を有しており、敵との戦闘はもとより、
過酷な環境や罠などによって次第に体力を消耗していく。

本シリーズはこうした「ゲーム」としての数値設定が絶妙であり、
変化してゆく数値に一喜一憂する楽しみも魅力の1つと言える。

●緻密な描写で独特の雰囲気を醸し出す文芸性

文字を主体として冒険を描く本書では、あらゆる情報が文章を通じて表現される。

本格的なファンタジーとして描かれるその世界観は、
後年のコンピュータゲームのようなパステルカラーに彩られてはおらず、
重厚かつ濃密で、ときに猥雑ですらある。

そうした独自の世界観を描き出す表現力があるがゆえに、本作は不朽の名作として輝き続けている。

定価:8,250円(本体7,500円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2022年7月16日(土)
  • ISBN:978-4-8156-1396-9
  • サイズ:B6判
  • ページ数:1280
  • 付録:その他1(0)
  • 死の罠の地下迷宮

    いまだかつて誰も生還したことがない「死の罠の地下迷宮」――サカムビット公が統治する都市「ファング」を舞台に、未踏の迷宮へと挑む勇敢なる者たちの試練を描く。タイトルが示すように迷宮内は「死の罠」に満ちており、凶悪なトラップがいたるところに張り巡らされ、多くの難敵が待ち構えている。シリーズ序盤に発表された作品であり、きわめて高い知名度を誇る名作。

  • 危難の港

    2017年に発表された最新シリーズの第一作で、巨匠イアン・リビングストンが20数年ぶりにアランシアを描いたことで注目を集めた話題作。物語はシルバー川に面した河港「チャリス」から始まるが、やがて冒険の舞台は‘盗賊都市’ポートブラックサンドなど広大な地域へと広がっていく。巨匠みずからが作り出したアランシア世界の魅力を余すところなく披露し、ファンサービスにあふれた一篇。

  • サイボーグを倒せ

    つねに新しい分野を切り開いてきたスティーブ・ジャクソン氏の筆による「スーパーヒーロー」という、シリーズ中では他に類を見ないテーマの作品。タイタン・シティを舞台に、犯罪や災害から人々を守るヒーロー「シルバー・クルセイダー」の活躍を描く。シリーズ中でも異色の題材を再現すべく、「手がかり」「超能力」「英雄点」など独自のルールが多く盛り込まれている。

  • 地獄の館

    これもまたスティーブ・ジャクソン氏による作品で、「現代」「ホラー」という題材に挑んだ意欲作。豪雨の中、事故で車を失ってしまった主人公は、奇妙な洋館へと迷い込む……。本作では独自の数値として、主人公が許容できる「恐怖」の限界を表した「恐怖点」を導入。体力点の管理などと並行してこの数値の上昇を極力抑えながら、館に隠された真相を解き明かさねばならない。

  • 魂を盗むもの

    シリーズ第34作目であり、過去に日本で展開されていたファイティング・ファンタジー全33作品の「次の1本」にあたる作品。日本におけるファイティング・ファンタジーの系譜、その再開という思いを込めての選定となる。タイタン世界全土を脅かす暗黒の魔術師モルドラネス。その脅威を排除するべく、嵐の海に浮かぶ孤島「絶望の島」での冒険が繰り広げられる。

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・安田均とグループSNE

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る