ノンフィクション/ビジネス
死は人生で最も大切なことを教えてくれる
死は人生で最も大切なことを教えてくれる

鈴木 秀子 著
ISBN
978-4-7973-9186-2
サイズ
新書/1色
ページ数
168
価格
926円+税
出版日
2017/06/21
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


死への恐怖が和らぐ上、悔いなく生きられる


「死」こそ、人生で最高の先生です。

「えっ!? 死なんて避けたいし、全然いいものじゃない」
「死ぬなんて怖い」
「死ぬことを考えると、気分が暗くなる」
…そんな言葉を多くの方がおっしゃいます。

しかし、やはり、人は死を意識すると、考え方や行動が美しく変わるのです。
それは、身内や親友が亡くなる時も、自分自身が死を迎える時も同じです。
少し例を出しましょう。

人は死を意識すると…
・生きる上で、最も大事なことが見えてくる(本当に大事なことしかする時間がとれなくなるから)
・人に優しくなれる(みんなを愛し、みんなから愛されて、死を迎えたいから)
・死を冷静に受け止めることができる(死から逆算して人生を送ることができるから)
・過去の反省ができる(これまでを振り返るため)

「死」はとても大事なことを、私たちに教えてくれるのです。
そのきっかけを与えるのが、本書の役割。
実際に、膨大な数の死にゆく人たちを見届けた著者が、
エピソードを通じて、優しく説いていきます。

さらに、死を意識せずとも、普段から簡単に
美しく生きる心構えが身に着く簡単なレッスンも紹介しています。


鈴木 秀子(すずき ひでこ)
東京大学人文科学研究科博士課程修了。文学博士。
フランス、イタリアに留学。スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授(日本近代文学)を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。

長年にわたり、全国および海外で講演活動を行い、多くの相談を受けてきた。特に、死が近づく人からの相談が多い。それは、自身が転落事故で生死をさまよったことから、一度、死の世界に行っているため、同じ立場に立つもの同士、結びつきやすいからだと、自身では分析している。

著書に44万部突破の『9つの性格 エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』のほか、『死にゆく者からの言葉』(文藝春秋)、『愛と癒しのコミュニオン』(文藝春秋)、『心の対話者』(文藝春秋)など。

















企業情報 個人情報について