発売日 2007年07月15日(日)

ふりふろ♪

著者名:土田奥郎(著者) 高崎とおる(作) すーぱーぞんび(イラスト)

¥590(税別)

ISBN:
978-4-7973-4167-6
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・土田奥郎

作・高崎とおる

イラスト・すーぱーぞんび

Twitter

Unable to load Tweets

  • ファンタジーお色気ナンセンスギャグ?

    5.0
    CustomerCustomer

     「活き活きとしたキャラクターが織り成す、ファンタジックコメディ小説。+お色気少々」といった感じでしょうか。 主人公のエリオットは、エッチな興奮をすると、強力なカエルの王子に変身。 どのくらい変身していられるかは、興奮度によって決まる、という馬鹿馬鹿しい(褒め言葉)設定。 要するに「三つ目がとおる」とか「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」みたいな話です。 旅の同行者も増えていくようなので、今後に期待です。

  • 5.0
    アマゾン花子

    カエルにもいろいろあるけれど、オレ様ガエルなのはこのディングルぐらいではないでしょうか。しかしこのカエル、ただのカエルじゃない。蛙界というカエル好きにはたまらない世界の王子なのです。ハニカミ王子やハンカチ王子もびっくりです。しかもこのディングルは、メスのカエルの尻を追いかけるのではなく、人間の乳好きで、そのぼーじゃくぶじんさに一心同体のエリオットは振り回されっぱなし。両生類がなぜ哺乳類の乳を揉みたがるのか不思議だが、じゃあディングルがメスガエルに「ハァハァ、辛抱たまらん」とか言い出したら、それはそれで平和な気もするがやっぱり見たくない。エロガエルが美人の乳や尻やにやたらと飛びつくのが面白かった。他にも3バカ兄弟やスコップ姫など、真剣におかしなことをしているキャラも見所。『新しき規範の王』という謎の存在も気になるところ。

すべての2レビューを表示

  • ご主人様見習い

    ブログ開設前に読んだ 続きを読む

  • 芝波

    変なの(ほめ言葉) 続きを読む

  • ねんこさん

    ツッコミ過ぎ 続きを読む

すべてのレビューを読む