発売日 2007年11月30日(金)

みんなのPython Webアプリ編
みんなのシリーズ

著者名:柴田 淳(著者)

¥2,480(税別)

ISBN:
978-4-7973-4181-2
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柴田 淳

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 実は結構良書!

    4.0
    dango

    まず前半部分と後半部分で随分とレベルに差がある様に思います。■前半部分を読んで試した感想としては・・・。最初にWeb初心者、CGI初心者の為の本である事を書いて欲しかったです。GETやPOSTの事なら他のCGI(例.perl、ruby)などで知っている方も多いですしサーバーやスクリプト言語とはって事についてはWeb関連の人なら誰でも知ってると思います。また、HTMLタグの説明も必要だったのでしょうか・・・。データベースも微妙に説明しています。CRUDの基本を説明。これって一歩間違えば中途半端と取られないかと心配です。などと思っていたのですが、後半部分は一気に使えるアプリの作成となりました。■後半部分を読んで試した感想としては・・・。ある程度pythonの知識、ある程度DBについて知っていないと難しいのでは?とは思いましたが、内容が良いのでサクサク試して読み進めました。PHP、perlなどのほかのスクリプトの本では余り触れてくれなかった、テンプレートの作成方法、O/Rマッパーの実現方法などかなり楽しく読めました。フレームワークの作成にも役立つと思います。■全体的に・・・。pythonのみに留まらず、Webアプリの根本部分をかなり解かりやすく解説し普段から曖昧に理解している部分をはっきりさせてくれたのではないでしょうか。またソースを色分けし、番号で説明している辺りも大変解かりやすかったです。ただ本の大きさが小さい為チョット読みにくくソースがページをまたぐ事も多いのでコードの入力、内容を理解するには多少苦労します。読み物もあると考えた場合には、解かりやすい読み物ですし、図解入りで視覚的にも解かりやすいと思います。ただもう少し初めからレベルの高い所の説明でも読者はついて行けるのではないかと思いました。(勝手な想像ですが・・・)最後までテストして試してみると結構良い本だと思います!

  • 2.0
    Kana

    前著 「みんなの Python」 につづいて,Web アプリケーション開発にしぼった Python 入門書である. 前著と同様に Python 2.4 (?) に準拠しているため,最新版である Python 3.0 とはだいぶちがう点がある. しかし,Web アプリ開発技術という点からみれば,現在でもおおきなちがいはない.むしろ問題は Web アプリ開発の基礎をひととおりさらうまえに特殊な 「テンプレートエンジン」 について書いていることだ. 現在では CGI をナマでつかうことはすくなくなっているので Web 開発ツールについて書くのはよいが,特殊なツールについて書いても読者にはあまり,やくにたたないだろう.

  • PythonでのWebアプリ作成時のチュートリアル

    3.0
    senooken

    Pythonを使ってWebアプリを作成する方法についてチュートリアル形式で一つずつ解説している。基本的にPython標準ライブラリを使って,一個ずつ自分で実装していっている。一個ずつやることで,Webアプリ開発時に発生するコードとHTML,データがごちゃまぜになって,保守性が悪くなるという例を示しながら,回避策も提示している。あフレームワークの便利さを見を持って知るために,必要な段階を踏まさせてくれていると思えた。2007年に出版されやや古いが,URLのクエリだとか,GET,POST,HTMLのフォームの使い方など,ほぼ何もわかっていなかったので参考になった。

すべての7レビューを表示

  • pippi

    個人的にはかなりの良書。Webアプリの仕組みを順を追って解説してもらえるのが助かる。簡単なWebアプリを開発するための土台になったかも。 続きを読む

  • >400books/year

    9月中旬に読了。スクリプト言語とwebアプリの違い、クエリやフォームの説明。まずは読み流して、どのようなものか知った。次から、実際に作っていこうと思う。 続きを読む

  • 実験ちゃん/nyon

    この本のおかげでpython大好きっ子になりました。この本がなかったらpythonでtwitterのbot作りとかしとらんかも。あーうーうー。 あー、ちなみにこの本にbotを作る解説とかはなかったです、多分。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品