発売日 2016年12月22日(木)

みんなのPython 第4版

著者名:柴田 淳(著者) 福田武比呂(イラスト)

¥2,700(税別)

ISBN:
978-4-7973-8946-3
サイズ:
A5/2色
ページ数:
500
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柴田 淳

イラスト・福田武比呂

柴田 淳(しばた あつし)
2000年代初頭から主に受託開発にPythonを活用し始める。大規模サイトや
出版社のCMS,Googleキャンペーンサイトのバックエンドに関わる。
今は受託からは離れ,自社サービスの開発と運営を行いながら,
都内の戸建てで可視化され予測可能な未来にどう生きるかを思案中。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • PHP、JavaScriptからPythonへ

    5.0
    KUNISAN

    普段はPHP、JavaScript使いですが、昨今の流れを汲んでPythonを勉強することになりました。本書はその1冊目になります。Pythonの基本的な部分は、他の言語を知っていればそれほど難しくないと思います。前半~2/3位の所までは、サンプルコードをちょこちょこ変えてIDLEで動かしながら、ほぼ思ったとおりに動いてくれました。最後のライブラリとデータサイエンスについては、「実践の時に使えればいいかな」ということで、特にプログラムは書かずに読み進めました。それでもPythonで何ができるのか、Pythonはどういった所が得意なのかが、ぼんやりとではありますが理解できてきました。別のPython本も参考にしつつ、実際に何か作りながらPythonの理解を深めていこうと思います。

  • 2.0
    arrow

    プログラム初心者で『いちばんやさしい Pythonの入門教室』を終えて次の本として購入。コードを写経しているのだが、ボリュームがあるのにサンプルコードのアウトプットが地味で飽きる。サンプルコードも省略があったりして、サンプルを載せているウェブページを見ないとわからない箇所が多い。勉強する内容が普段やってるPCの作業と全然リンクしないので、初心者にはどう活かすのかよくわからない。あまりに退屈なので本書は一旦中断して『退屈なことはPythonにやらせよう』に取り組むことにしました。

  • アナコンダのセットアップに苦労します

    3.0
    Amazonのお客様

    2019/2/1くらいから学習し始めました。パイソンの使える機能をまとめてあるはずのアナコンダですが、numpy,mkl,matplotlibとういうパッケージがエラーで大変苦労しました。(解決に二週間)対処方はQiitaで調べるといいと思います。これはどの参考書でも起こる問題でしょう。この本の評価ですが、「スッキリわかるJava」と比べると初心者には優しくない感じです。また、例文がイマイチです。

すべての55レビューを表示

  • ryosuke_okubo

    Python入門本としては2冊目以降に読むのがよい. 初心者にとってはオブジェクト指向や継承あたりが山だと思う. githubのコードはダウンロードしてそのまま実行できる. 要再読. 続きを読む

  • ひょろ

    分かりやすい。その一言に尽きる。 サンプルプログラムがガルパンネタなのでニヤニヤ。 ちょびっとだけど機械学習や将来性について述べている所も評価。 続きを読む

  • toiwata

    プログラミング言語Pythonについて、おおまかな枠組みを知りたい、できれば最初から日本語の本で、という要件を満たす最有力候補。(著者の名前をずっと音読みしていたがこれは間違い。) <> p.274 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品