SBクリエイティブ

「うつ」は温めて治す

田中朱美/班目健夫:著者

うつの原因の多くを「身体の冷え」に発見した医師たちが、現場で実際に効果を上げたうつ治療の方法を、一般の読者でも手軽に実行できるよう、わかりやすく紹介します。

近年のうつの定義はとても広くなっています。朝起きがけに出社がおっくうになる軽い抑うつ状態(プチうつ)から、自殺を試みる重度なものまで、さまざまな状態が「うつ」としてとらえられています。近年では容態が把握しづらいうつを総称して、「新型うつ病」という言葉まで出てきています。

本書では、この「うつ」という心の問題を、極力薬に頼らず、「身体」という外的なものを変化させることで改善します。

著者たちは、うつの原因の多くを「身体の冷え」に見いだし、実際に患者さんから冷えを取り去ることで、薬の服用では得られなかった多くの効果を手にしています。

本人の体質を原因とする冷え、外気温の低下や夏場のクーラーによる冷えなど、あらゆる局面で冷えは身体を襲います。本書ではこうした冷えを身体から除去する運動や食事、生活習慣の改善を中心に、認知療法からアロマセラピーまでを広く解説します。医師たちが治療の現場で効果を上げた手法を、読者でも手軽に自宅で実行できるよう、わかりやすく紹介します。

「うつ」だと思ったら、迷わずにこの本を開いてみてください。
新しい治療に効果を期待したい方、この本を開いてみてください。
もう薬に頼りたくないという方、この本を開いてみてください。
本書を開かれたすべての方の、助けになるでしょう。

【著者略歴】:

●田中朱美

東京女子医科大学附属東洋医学研究所所長を経て、現在、東京女子医科大学名誉教授、東京女子医科大学附属女性生涯健康センター顧問。精神科医。気功やアロマセラピーなどを採り入れた精神科治療に定評が高い。

著書として、『心の病気がよくわかる本』(小学館)、『こころの気功』(法研、共著)などがある。

●班目健夫

東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニック講師。医師、医学博士。湯たんぽや鍼灸で体を温めるうつの治療には、数々の実績をあげている。

著書として、『「湯たんぽを使う」と美人になる』(マキノ出版) 、『「体の冷え」をとって病気を治す!』(大和書房)などがある。

定価:1,540円(本体1,400円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2009年4月27日(月)
  • ISBN:978-4-7973-4511-7
  • サイズ:4948C4AE-00D3-445C-A5AE-58169496C5DF
  • ページ数:224
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・田中朱美/班目健夫

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る