発売日 2008年09月17日(水)

ホークスの70年
惜別と再会の球譜

著者名:永井 良和(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-4897-2
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・永井 良和

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • ホークス

    前著「南海ホークスがあったころ」は宝物の様な一冊である。ホークスの歴史には、関西、パリーグ、困窮と低迷、かつてのライバル球団の地元への移転等、重層的な屈折がある。しかし反発すべきメジャーな物の多くが、今や想い出となってしまった。本書はそんな屈折や感傷に彩られた球団史。プロ野球草創期の混沌。台湾を含む戦前の野球熱。八百長との戦い。主導権争い。全ては変わって行く。例えば30年前、春夏の甲子園大会に少々金を賭けるのは普通の娯楽だった。良い悪いではない。人間は環境とともに変わり行く逞しい存在なのだ。 続きを読む

  • 豊平川散歩

    福岡の代名詞と言っても過言ではなく、ましてや3年連続日本一!名実共に素晴らしい球団である。元々福岡にあったわけではなく、紆余曲折を経て、現在に至った歴史を紐解いているのは勉強になる。今でこそ当たり前だが戦争があった頃から職業野球として存在しており、観客も多数いたとは驚きである。いつまでも人に夢を与え続ける存在であってほしい。 続きを読む

  • 浅香山三郎

    『南海ホークスがあつたころ』の著者による、ホークスの通史の試み。 復刻試合が催された近年の動きも踏まえる。 続きを読む

すべてのレビューを読む