発売日 2010年05月26日(水)

Can you Dream?
夢を生きる

著者名:植田景子(著者)

¥1,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-4983-2
サイズ:
C8263849-E526-48F1-A190-9A35B79E1F7E
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・植田景子

Twitter

Unable to load Tweets

  • 宝塚ファンとして手に取りました

    5.0
    Carpe Diem

    20年来の宝塚ファンです。宝塚は座付きの演出家がいて、宛て書きをするのが一つの売りだったのですが、この植田景子先生は非常にそれが上手な先生です。もちろん、作品もいくつか見て好きな先生の一人でもあります。宝塚のこんな話、あんな話が聞けるかな、という軽い気持ちで手に取ったのですが、その方面の楽しい話も満載ながら、先生の一人の女性としての生き様に大変心を動かされました。本当に、本当に苦労をされてきているんだなぁと。でもそれを押し付けるわけではなく、それでも「宝塚が好きだ〜!」という愛にあふれているところがまさに「同志」という感じで好印象です。女性であるがために何度も宝塚の脚本家になる道を半ば閉ざされた中で、本当に「無我夢中で」もぎ取った、その過程は打ちのめされていた私の心に明らかに変化をもたらしめました。自分の行動で、変えられる。これだけ信じて、そして行動しつづけてきた景子先生に感服です。自分の運命を恨む前に、とにかくやれることをやる、そんな勇気を貰った本でした。どんな自己啓発書よりも、宝塚ヲタ、しかも景子先生が嫌いでなければ一読の価値があります。

  • 5.0
    Rose

    一見、宝塚ファン向けのようですが、内容はキャリアの本です。「夢は見るものではなく、現実にしていくもの」そんな著者の生き方が描かれたエッセイ集。夢を追い求めることに疲れて、自分を見失いそうになった時、生きていくヒントを与えられ、再び夢に向かって進んでいける!そんなメッセージが、散りばめられています。

すべての2レビューを表示

  • 小夜子

    宝塚って素敵だなって改めて思いました。景子先生の作品はいつもビジュアルが完璧で大好きなんですが、この本を読んで宝塚への愛を感じました。製作裏話や演出助手の仕事の話も興味深かったです。スターさんたちのエピソードもおもしろくて宝塚ファンとしては最高の本でした。 続きを読む

  • Akikot

    今の宝塚で私が信頼している作家は彼女だ。完璧な作品を創っているわけではないけれど、その作品には宝塚への愛があふれている。いくら上手な出来栄えでも宝塚愛の感じられない舞台は見たくない。 続きを読む

  • ドバイ子

    宝塚歌劇団の、女性初演出家となった筆者の、入団試験をパスするまで、そして現在を綴った本です。入団までの壮絶な努力、そして舞台を作り続けていく、孤独な自分との戦い。宝塚を家族のように愛する言葉が溢れています。 続きを読む

すべてのレビューを読む