発売日 2008年09月15日(月)

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎
神曲奏界ポリフォニカシリーズ

著者名:あざの耕平(著者) カズアキ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-5059-3
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あざの耕平

イラスト・カズアキ

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • まろりん

    まだ読んでなかった、安定のあざのん。ポリフォニカという事でどういう話になるのかなと思っていましたが、ちゃんと面白く、ホロリとさせつつ、キャラも好きにさせてくれる、さすがあざのん。サリエルのキャラがいいですね、表面的には俺様でどうしようもないやつに見えなくもないけど、読み進めるうちに可愛く思えてしまった。音楽家としての苦悩をかかえていて、決して天才ではない。小説だと圧倒的才能を持っているのがメインキャラになりそうですけどね。モモも可愛いし、コジも最後の話は笑ってしまったw虎のはずですよね…? 続きを読む

  • じお

    ★★★★★ 再読。新進気鋭の天才音楽家にして神曲学士のダン・サリエルはいつもの公演を終えた後に虎の姿をした上級精霊と出会うのだった、ポリフォニカワールドの音楽小説第1巻。何度か読み返しているが面白い、ポリフォニカは名前程度しか知らないけども、一つの独立した作品として楽しめる。個性的なキャラに軽妙なトークとセンスの良いユーモア、あざのん節が堪能できる良作。皮肉屋で天邪鬼の毒舌家だけど音楽に対しては純粋な思いがあるサリエルは実に良いキャラ。音楽小説としても読み応えがあり、未読のあざのんファンは是非読んでほしい 続きを読む

  • tabuchi3

    ダン・サリエルシリーズ、通称「銀のポリフォニカ」の1冊目。神曲楽士ではなく芸術としての音楽家(神曲楽士の資格は持ってる)が主人公のシリーズでは変わった作品で、他の作品とは違った角度からポリフォニカの世界が見て取れます。 続きを読む

すべてのレビューを読む