SBクリエイティブ

頭がいい子の生活習慣

阿部 昇:著者

なぜ秋田の学力は全国トップなのか?

学力テスト全国トップの秋田に学べ!

◎本書を実践すれば、子どもの学力は大きく伸びる!

全国の小学6年生と中学3年生を対象にした07、08年度の全国学力テストで、

秋田県は小6が国語と算数の全科目で全国1位、

中3も国語と数学の全科目で1~3位という全国トップの好成績だった。

通塾率が5割を超える首都圏、なかでも東京がトップになると思いきや、

実は秋田県が全国トップという意外な結果の背景には、頭のいい子が育つ生活習慣があった。

わが子にその習慣を取り入れることで、学力のみならず、人間力向上にもつなげる。

県内の小中学校を数多く訪れ、教育現場とその地域の事情に精通する著者が、その秘密を徹底的に解き明かす。

★こんな生活習慣が子どもの学力を伸ばす

◎早寝早起きなど、規則正しい生活を送る

◎朝ごはんを家族と一緒に食べる

◎あいさつをきちんとする

◎地域の行事によく参加する

◎授業中の態度がいい

◎塾にはあまり通わないが、家庭学習をよくする

プロローグ 2年連続トップで秋田の教育に注目が集まる

第1章 なぜ秋田の学力は全国トップなのか?

第2章 子どもの学力は食卓がポイント

第3章 あいさつが子どもの学力を育てる

第4章 親は子どもを褒めるプロになる

第5章 ポイントを絞ってルールをつくる

第6章 学力がアップする先生や学校とのつき合い方

第7章 規則正しい生活が学力を支える

第8章 先生との連携プレイで家庭学習を習慣化

第9章 読書が全教科の学力を引き上げる

第10章 これから重要になる活用型学力に注目

第11章 算数・数学も活用型を重視

第12章 地域の行事に参加し「交わる力」を育む

エピローグ もう一度、家庭─地域─学校の連携こそ学力アップの源

■著者紹介
阿部 昇(あべ・のぼる)

1954年東京生まれ。秋田大学教育文化学部教授。秋田大学教育文化学部附属小学校校長も勤める。専門は国語科教育学。全国大学国語教育学会理事。日本NIE学会理事。お茶の水大学大学院COEプログラム国語学力検査責任者。秋田県検証改善委員会委員長。秋田県内の小中学校を数多く訪れ、教育現場とその地域の事情に精通し、全国学力テストの好成績について独自の観点で分析を行っている。かつて茗溪学園中学校高等学校(茨城県つくば市)での教師経験もある。

定価:1,430円(本体1,300円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2009年3月25日(水)
  • ISBN:978-4-7973-5089-0
  • サイズ:483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
  • ページ数:208
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・阿部 昇

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る