発売日 2009年11月17日(火)

あの時、バスは止まっていた
高知「白バイ衝突死」の闇

著者名:山下 洋平(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-5389-1
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山下 洋平

Twitter

  • こんなことがあっていいの?

    5.0
    あた

    事故そのものは実際に起こり、白バイ警官が1人亡くなっている。本著にも記載があるが、道路に右折で出る際、押しボタン信号を使い道路の通行を止めるか、左折で道路に出た後、然るべき場所でUターンをしていれば事故は起こらなかった、とある。これはバスドライバーの方も認めて反省しているし、亡くなった警官にもきちんと弔意を示しており、バスドライバーの方に反省の念がないとはとても思えない。しかし、物理的にも、車を運転する全てのドライバーの感覚的としてもありえない証拠をもとに、バスが白バイを巻き込んだとする判決で、実刑となってしまう。起訴事実を認めず、無罪を訴えており、反省の色が見えないということで執行猶予もつかなかった。ありもしない事実で訴えられれば、被告は無実を主張するのはあたりまえで、反省の念がない、という裁判所の判断は的を外した素っ頓狂な判断で、常識を欠いたものであるというのが一般的な感覚であろうと思う。それにしても、あまりにも稚拙な証拠捏造であり、この証拠をもとに有罪判決を下してしまう裁判所というものにとてつもない恐怖を感じる。司法の在り方につて考えさせられる一冊だと思う。

  • 4.0
    Amazonのお客様

    高知白バイ事件の概略は、マスコミの一部が報道している。しかし事件の詳細は、被害者(加害者?)である片岡晴彦氏とその関係者の方が作成されたブログなどからしか知ることができなかった。その意味で、本書の出版は、より広く、この事件を世間に知らしめることになるのではないかと期待している。高知で2006年3月に起こった高知県警の白バイとスクールバスの衝突事件は、白バイ隊員が死亡する不幸な交通事故だった。交通事故の原因は、白バイ隊員の法定速度をかなり超過したスピードオーバーにあると推定される。にもかかわらず、高知県警が作成した調書では、事故の原因を一方的に片岡晴彦さんに負わせるものとなっていた。なぜか。本書は、高知白バイ事件を詳細にフォローしている。なぜ、この事故は行ったのか。そして事故後の警察の対応は適切であったのか。高知地裁や高松高裁での判断は適切であったのか。こうした疑問に、客観的なデータを示しながら説得力のある説明をしてくれる。しかしその説明はすべて、警察の判断とは異なるものだ。読後、警察・検察・裁判所という組織が、真実を解明するというだけでなく、自らの組織を守るための配慮を働かせることがあることを知らしめ、そうした配慮が働くときの怖さを感じさせる。菅生事件、三井環元検事や鈴木宗男代議士の事件に通じる権力の闇を感じさせる。本書は、一般市民が権力の闇に翻弄される怖さが描かれているとも言える。

  • 警察の、スリップ痕捏造

    5.0
    不撓不屈

    警察の証拠捏造を見ぬけず?か、知っていてか起訴する検察官。起訴された人を、検察の言うがまま無批判に、自動的に有罪判決えお出す裁判官。3公務員の犯罪であることは、明らか。スリップ痕の捏造や、多数の目撃・体験証人の証言を排除し、対向車線の事故現場からは離れたところから目撃したとする、身内である高速走行中の白バイ隊員の証言(本当かな?)のみを採用し、止まっていたバスを動いていたことにして、運転手を逮捕してしまった。ドライバー必読の書です。次は、貴方が「冤罪」被害者になるかもしれない、これが日本の司法の実態です。

すべての29レビューを表示

  • ばりぼー

    2006年3月に起こったスクールバスと白バイの衝突事故を再検証した報道記録。自分もバスを運転して選手を遠征に連れて行くので、客観的に言えば元運転手にも明らかに過失はあります。右方の車両の進路を塞いで交差点の中で立ち往生というのは、安全運転義務違反は間違いないでしょう。元運転手もそこは十分承知しているようですが、支援者の中には、裁判用語である「無罪」の意味を取り違えている方もいるため、誤解を招いている部分があります。ただ、それにしてもこれは警察による組織的な謀略事件であり、到底納得できる話ではありません。 続きを読む

  • ひろ☆

    高知で起きた警察の捏造疑惑がある白バイとスクールバスの事故。「隠蔽捜査」を読んだ後だったので、こえぇ警察は組織だ、当事者だったらどうするか考えた。まずは証拠、世論、警察や裁判には頼れない、警察を相手に戦える弁護士、今なら万が一の時、自分の身は自分で守れるよう車にドライブレコーダーはつけよう。 続きを読む

  • E.L.E.A.N.A

    高知で起きたスクールバスに白バイが衝突し白バイの運転手が死亡した事故。 スクールバスに乗っていた中学の生徒、スクールバスの後ろにいた中学の校長全員が「スクールバスは止まっていた」と主張。 しかし、現場からは、ブレーキ痕。 不自然なブレーキ痕。 警察の捏造? この事件はまだ続いているのでしょうか? 誰も納得の出来ない事件です。 続きを読む

すべてのレビューを読む