発売日 2009年08月15日(土)

純愛を探せ!2

著者名:速水 秋水(著者) 玲衣(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-5541-3
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・速水 秋水

イラスト・玲衣

Twitter

Unable to load Tweets

  • 看板に偽りなしの純愛物語…ちょっぴりシリアスめな第二弾

    4.0
    ヤボ夫

    虚言と姦淫を司る魔神カルマが何故か人間界で「純愛」という自分とはこの世で一番遠い存在を探す物語第二弾忠誠心ゼロの魔玩具人形リビエラの毒舌に代表されるようにギャグパートがかなり多かった第一巻と違って今回は「純愛」というものの在り方と「純愛」を貫こうとするが故に苦しむ物の姿を描いたちょっぴりシリアスな展開になっています前回めでたくカップルとなったカナデ嬢だけでなく魔界の王女レイナや天使のキサラも含めて「純愛」を目指している割にはハーレムっぽい状態になってしまってます。特に前回は姉の仇としてカルマに挑みかかってきたキサラが完全にツンデレキャラになってしまっているのに驚いた。口ではカルマを否定しつつ着てくる服装が完全にカルマの好みとかどんだけデレデレなんですかね、彼女は。そんな一行が海に旅行へと出かけるのですが…前回は「聖母計画」を進めていたキサラが所属する三雲家の天使と休戦協定を結んだにも拘らず、キサラの姉の元上司で「慈愛」を司る女神フェルミナが天使の精兵たちを連れてカルマの前に現れるわけですが、本来の調子であれば余裕で彼らを蹴散らすことができるカルマに異変が生じ…虚言と姦淫が本質である魔神が純愛を求め、慈愛が本質である女神が復讐を志すと自己の存在を失っていくというある意味当然の結果を前に対峙する二人の本心を巡るやり取りはまさに「純愛」とは何かを巡る戦いでもありましたそんな中でカルマが自分のかつての悪行を明かさなかったことに腹を立てたカナデが「愛するという事はどういう事か」を示すなど前回メインヒロインの割に影が薄かったカナデが今回は活躍しています個人的には第一巻の雰囲気が好きでしたが、テーマを掘り下げる以上ギャグパートを減らさざるを得なかったのは理解できますし「純愛」を巡る物語としてはよく出来ていたと感じました

すべての1レビューを表示

  • ナガマツ

    ゲイオルがカッコ良すぎる。テンポの良い掛け合いと、想いのぶつけ合いが非常に気持ちが良い。嫌われたくないから嘘をつく、愛されていると信じているからずべて話す。なんというか王道なんだけど、やっぱり王道はいいものだね。純愛は相手を信じること、ってことか。1巻の時と比べるといい意味でキャラクターが薄くなったね。姫様とか特に。いい女になるよ、彼女 続きを読む

  • ユート

    とても面白かった。欲を言えばカリバン卿のイラストをもっと早く出してくれてれば状況を想像しやすくなったと思うが…。あとてっきりフェルミナもハーレムの一員に加わるのかと思ったが、予想を良い意味で裏切られた。あとは次巻でガチに暗い話とかにならなければ文句なし。 続きを読む

  • Michel

    なんつーか、神と悪魔が段々シームレスになっていくな(笑) なんつーか、レイナ姫がかわいくなっていく件についてはどーしたもんか 続きを読む

すべてのレビューを読む