発売日 2009年12月15日(火)

純愛を探せ!3

著者名:速水秋水(著者) 玲衣(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5767-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・速水秋水

イラスト・玲衣

Twitter

Unable to load Tweets

  • カルマに隠し子発覚?ギャグが最高にキレてます

    5.0
    ヤボ夫

    虚言と姦淫を司る魔神が人間界でよりにもよって「純愛」を探し求める物語、第三弾…なんとカルマを「お父様」とよぶ幼女が押しかけてきて即カナデにばれた結果、まさかの修羅場発生!二巻が妙にシリアスベースでカルマと彼の侍女で魔玩具人形のリビエラのトンチキなやりとりで大いに笑った一巻に比べるとギャグのキレが鈍り、随分とおとなしい話になっちゃったなと心配していたのですがご安心を一巻並み、いや明らかにシリーズ最高のギャグ攻勢になっていますカルマを父親と呼び懐いてくる少女・ネルの登場がカルマに対する姿勢とは裏腹に思わせぶりな言動が見え隠れするキサラやリビエラ、相変わらず下ネタの王女であるレイナ、果ては普段は虫も殺さぬような聖女ぶりが売りのカナデまでを心穏やかならぬ状態に巻き込みそのとばっちりは全てカルマへと…もう魔女裁判にかけられるわ、磔の刑にされるは果ては逆さ吊りにされるわと可哀想になるぐらいカルマは終始ひどい目に遭わされ続けますw更に脇役の割には二巻の終盤で目立った魔神カリバンも幼馴染でカルマの伯母にあたる粗暴を司る女魔神・ヴァルクがネルとカルマを巡る騒動に乗り出したことでトラウマ級の惨事に…本当に男どもが酷い目に遭いっぱなしです、いいぞ、もっとやれwもちろん単なるドタバタに終始するのではなく、カルマの「親」というものに対する苦い想いと、そこに発する「親になる事」への過度の不安をカナデがどう受け止め、家のために許嫁との関係を強要された事を踏まえて「二人で」どう乗り越えるかを語らう場面には間違いなく本シリーズのテーマ「純愛」を求める二人の姿が見て取れました四巻シリーズの筈ですが、本編はなんとここで終了、四巻は短編集とのこと。ギャグメインに切り替えて捧腹絶倒のラブ&エロコメディーとしてノッて来た所なので非常にもったいないと感じました。後書きには次回作のかなり具体的な構想が書いてあるけど四年近くGA文庫では新作出してませんよね?どうなってるんだろう?

すべての1レビューを表示

  • だっち

    叔母さんかわいいよww新キャラの比重が重くてこれまでのヒロインズが背景になってる感はある。次巻完結は分量的には丁度いいくらいかも。短編らしいので、その他キャラ(特に魔族勢)の話とかあるとすごい嬉しい。 続きを読む

  • 立花真幸

    ★★★★ 続きを読む

  • ナガマツ

    見事なまでにエロコメ。家族愛もある種の純愛とも見れるか。リビエラとの掛け合いや魔神同士のくだらない掛け合いが気持ちよかった。今回は特にカリバンとヴァルクの幼なじみらしい、幼少の頃の愉快なエピソードが良かった。ラストの大人トークも美味しいです。次が最後だということだけど、短編ではリビエラとキャッキャウフフするみたいなので楽しみです 続きを読む

すべてのレビューを読む