発売日 2009年11月15日(日)

無限のリンケージ 2 -ディナイス・ザ・ウィザード-

著者名:あわむら赤光(著者) せんむ(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-5709-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・せんむ

Twitter

Unable to load Tweets

  • ぼくたちには、セシりんが足りない。

    4.0
    Amazonのお客様

    宇宙時代の決闘競技、Battle of Triple Ring、略してBTR。そのトップリーグで戦う人々を描いたSFラノベ第2弾です。前作を経て1部リーグに昇格した主人公たちが描かれます。過去と現在を交錯させつつ終着点を描いた第1作とは異なり、今回の舞台は「現在」のみですが、「装着できる武器は3つまで」を始めとするBTRの戦いの描写は、前作と何ら劣るところはありません。そして、今回のキーワードである「セシりん」。おそらくは清々しい気持ちで本作を読み終える皆さんには、「セシりん」の意味が分かると思います。昔のジュブナイルを読む感覚で、「ラノベっていいなあ」と思わせる作品です。皆さまにも、ぜひ。

すべての1レビューを表示

  • alleine05

    一巻目とは少し作風が変わってライトノベルらしく軽い雰囲気になった印象で、これはこれで悪くないものの、どちらかというと一巻ぐらいのシリアスバランスの方が好みかなと途中までは思っていたが、終盤の試合が熱くて良かった。一方、今回から登場のセシリアは、なんというかあまりあらたなヒロイン追加という印象ではありませんな。元気で騒がしいキャラなのでどちらかというと賑やかし要員という印象があるし、この作品は恋するサクヤ物語といった趣でもあるので、あまり「美少女キャラが増えた!」と喜ぶような方向に向いていないというか。 続きを読む

  • 八岐

    バックアップスタッフにスポットが当たってる作品は大概外れんなあ。一巻から絶妙なハンドリングでの方向転換に唸らされ、ラーベルトとサクヤという焦点をチームスタッフという括りに広げての話の進め方には素直に感心。対戦相手のディナイスを含めて和気藹々と賑やかな、でも真剣一直線の気合の入った試合への熱気が素晴らしかった。思ってた以上にこの人、巧いわ。面白かった。 続きを読む

  • いけせ@size air+

    うん、今回も普通に面白かった。1巻と比べて劣るようなこともなく、ギャグ面も強化され、非常に楽しませてくれた。次も楽しみ。 続きを読む

すべてのレビューを読む