発売日 2010年02月15日(月)

りーち☆えんげーじ! -子孫繁栄! 国立栄華学園中等部-

著者名:海堂 崇(著者) CH@R(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-5862-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
360
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海堂 崇

イラスト・CH@R

Twitter

  • 空箱零士

    ★★★☆ 鈍感主人公とは作者が最も気楽に入ってしまう鬼門である。こちとら主人公とヒロインのイチャラブが見たいのであり、自明のラブサインを前に「どうせ気のせいだしー」とウジっている姿をみたいのではない。好手はその鈍感さをニヤニヤに変換するために手を尽くすが、今作にはその跡が絶望的に存在しない。つまり、ヒロインの好意をガン無視で気のせいの一点張り、的鈍感主人公の悪い部分がストレートに出てしまうのだ。学園の制度や物語展開への気配りは伺えるだけに惜しさは残る。最も、美妃とその距離のつめ方の書き方は感心出来ないが。 続きを読む

  • いけせ@size air+

    もうベタもベタ。ベタすぎて海入ったあとみたいにベタベタだったんだけど、何故だろう。俺がラノベではこういうベタベタハーレム系をほとんど読まないせいか凄く心地よい。まず幼馴染み優先なのもいいね。そしてヒロインにはならないだろう友人妹キャラ。これも妹萌えな俺としてはとても素晴らしかった。そしてメインヒロインっぽいけど何故か一番描写少なかった美妃。これもハルヒとまでいかずちょっとタカピー(死語?)ないい感じのキャラで絶妙だった。髪おろした姿も可愛かったしね。この絶妙なヒロインたちの調整具合は賞讃に値すると思う。 続きを読む

  • k-p

    作者後書に「私は昔から妄想好きで、暇があればとりあえず色々と考えていた。この本はそんな妄想から生まれた」とあるが、少々強引な俺の「妄想」を働かせれば、作者は何らかの作品・作家に憧れて物書きになった訳ではないという裏返しにも見て取れる。とどのつまり俺が何を言いたいかというと、この作家はあまり長くは続かないのだろうなあと、変に勘繰ってしまいたくなるのだ(このシリーズが、ではなく、物書きとして)。続きはコメントで→ 続きを読む

すべてのレビューを読む