発売日 2011年05月15日(日)

真サムライガード メイド剣士参上……っていうか、惨状!?

著者名:舞阪 洸(著者) CH@R(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6515-3
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・舞阪 洸

イラスト・CH@R

Twitter

  • この作者は物語の終わりを本当に考えているのか?

    1.0
    MY

    この作者は小説を日銭を稼ぐ手段としか考えてないように思われる。何しろ、シリーズを終わらせる気が全くない。新シリーズを始めて、人気が有れば続けて、人気が無くなれば放置。ある程度、売れるものだから、タチが悪い。出版社や編集にとっては実に使い勝手の良い作家だろう。作品や読者に対して全く誠実さもなく、完全に仕事と割り切っている。あとがきもスキーやサッカーの話ばかりで、興味ない人にとって、どのように感じられるか理解できないようです。読者のことを考えるなら、そんな後書きは書かないだろうしシリーズも、まともに完結させるはずです。購入前の読者に言いたいことは、この作者の作品を読むに当たっては、完結しないことを前提に読んで下さいということです。第一部完やら、第二部完など、中途半端に放置された作品ばかりです。何も知らずに読み始めて、犠牲になる読者が増えないことを祈ります。

  • DSK

    やはり清海(ツッコミ)の不在はなかなか厳しいと思います。アレの掛け合いが好きだったのですが何かイラストを考えると萌路線に走った観が否めませんね、少し静観しようと思います。下手したらもう買わないかも?

すべての4レビューを表示

  • タカユキ

    うーん、会話が悪い訳じゃないけど、晴海のツッコミがないと盛り上がりに欠けるなぁ。 続きを読む

  • とんかち

    つっこみ不在がイタイ。物足りなさを感じます。 続きを読む

  • 竹花 樒 - Shikimi Takehana

    巷では不評だが、面白くて安心。清海を介した愛香と毬藻の発話による掛け合い劇から、清海を廃した愛香と毬藻らによる混声劇へと生まれ変わり、読者を非論理の異種混交の世界の中で宙吊りにする本シリーズはバフチン的なカーニヴァル性を垣間見せる。お尻の割れ目に沿って奥深く遁走する我々のメトニミックな欲望の情動は、愛香の尻と毬藻の小ぶりな尻と香我美の三十路尻とを掻き分けるようにして新たなシニフィアンを追い求めていく中で、物語の”尻”において我々は排除された清海の痕跡を発見する。そしてこう叫ぶのだ、「男の娘来た~~!」と。 続きを読む

すべてのレビューを読む