発売日 2010年06月15日(火)

サムライガード6 新たなフラグとお嬢様

著者名:舞阪 洸(著者) 椎野 唯(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-6027-1
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・舞阪 洸

イラスト・椎野 唯

Twitter

Unable to load Tweets

  • 新天地で勃発した事件の序章

    4.0
    DSK

    新しい転校先である三方台学院での生活がようやく始まったが、「合戦祭」なる校内行事の事前準備に大半を費やした第6巻である。「おいおい、1冊全部使ってもここまでしか進まないのかい?」という指摘が、このシリーズをここまで“好んで”読んできた諸兄であれば無意味だと承知しているし、ストーリー展開よりもキャラ同士の脱線漫才的やり取りを楽しむ作品だと熟知しているであろうが、今回はその歯切れが少し悪い。理由は大きく2つ。暁浪麗以下、大蝦夷学園生徒会の面々が加わったことで会話を交わす人数が増えたことと、今回に限っては麗が実質的に主役を張っていること。これらのために愛香がボケたり清海がツッコんだりする機会が目減りしているからである。喜連川羅蘭もいい味を出してはいるし、弓凪花華の毒舌ツッコミといった新しい側面もあるのだが、さすがに役不足の感は拭えず、全体として少々散漫な印象を受けるのである。人数が増えた分、会話の脱線もエスカレートしがちなのだが、これを治める役どころが毬藻なのも新展開ではあるが意外でもあり、むしろ、この役になりかけていた麗の方が適役だと思った。ただ、前巻で救出した財閥の娘【佐々木薫子】が、今後どのように絡んでくるかというお楽しみを1つ残したと思う(商人の家柄とはいえ余りにもあんまりなキャラだったけどね)。何だか大変な事件が勃発した「三方台学院編」はこれからであり、むしろメンツが揃っていることが新たな面白味に繋がるような期待は持てるので次巻を楽しみにしたい。なお、巻末に収録された読み切り短編によって、前巻から突如として登場していた「サムライソード」の全容が判明する。第4巻と第5巻とを繋ぐこのエピソードが超絶に面白い……男限定で。それにしても清海ご自慢の“サムライソード”は愛香にも毬藻にもばっちり見られちゃってるのね。

  • あとがきでは作者の新作や前からあった作品を秋から冬にかけて一気に出すらしいですがこの作品を最後まで長く続けて欲しいです!!

すべての2レビューを表示

  • タカユキ

    相変わらず姦しくて良いですねえ。毬藻が健気だw 本筋なにそれおいしいの? 続きを読む

  • 八岐

    このグダグダ感こそが楽しいのだ! と悟りながらも、もう少しだけでもラブ寄せして欲しいなあw ところで、羅蘭のエセ妹が妙にハマってきたんじゃない? 続きを読む

  • あかなぎ

    羅蘭のいじられ方がもう定着しつつあります6巻。そして久しぶりに清海の仕合が見れると思ったけど、描写は省かれてたので残念。それと下ネタが多かったけど、それほど違和感がなかったり。寧ろ面白かったからどんどんやれー(笑) 番外は気になってた"サムライソード"のお話。さすが警護寮の剣士、あんなものを見たぐらいでは動じません。 続きを読む

すべてのレビューを読む