発売日 2012年11月16日(金)

[Si新書]楽しく学ぶ数学の基礎-図形分野-
三角形や四角形、相似、三平方の定理まで
個々の図形をもっと深く理解する!

著者名:星田直彦(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-6422-4
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・星田直彦

星田直彦(ほしだ ただひこ)
1962年、大阪府生まれ。奈良教育大学小学校課程数学科卒業。中学校で生徒たちに数学を教えながら、「身近な疑問研究家」としても活躍。少しでも数学に興味をもってもらうため、授業では実生活や歴史との関連を話すことをこころがけている。おもな著書に、サイエンス・アイ新書『楽しく学ぶ数学の基礎』や『単位171の新知識』( 講談社)、『人に教えたくなる雑学の本』(ダイヤモンド社)、『なぜ「人の噂も75日」なのか』(祥伝社)、共著として『身近なモノの100不思議』『素顔の科学誌』(東京書籍)などがある。
http://homepage1.nifty.com/tadahiko/

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

楽しく学ぶ数学の基礎-図形分野-"]
  • ちょっと難しいけど、読み終えた達成感は格別!

    5.0
    きくちゃん

    「基礎体力編」に続く「体力増強編」、その名の通りで「基礎体力編」に比べるとはるかに手ごたえがあります。それでも、順序だてて説明されていますから、ひとつひとつじっくり読んでいくと十分理解できます。わからなくなったら何ページか戻ったり、索引で探せば思い出すことができます。また、信じられないくらい「美しい定理」がいくつも出ていて感心を通りこして感動します。近くにいる人に話したくなります!この世を作ったのが誰かわかりませんが、素敵なセンスの持ち主であることは間違いありません。手ごたえがある分、読み終えたときの達成感は格別です。学校を卒業した後、数学から遠ざかっていた人も、数学の楽しさ美しさに気づくこと請け合いです。もちろん「基礎体力編」を読んで基礎知識をつけてから!

  • Tako

    内容はかなり本格的です。本格的ですが、親しみやすいことば、わかりやすい図、楽しいイラストは前2作と同様なので、無理なく「本格的図形世界」に入っていけます。中高生のみなさんは、授業の副読本のようにしていつも手元に置かれることをお勧めします。「現役」ではない人(私もそうです)は、、まず目次に注目してみるといいと思います。知的好奇心をくすぐられる有名、あるいは有名そうな定理がたくさん出ています。本の最初から読むのももちろんいいですが、パラパラめくって目にとまったところから読むほうが楽しいかもしれません。実際最初から読んでいた私は、真ん中あたりでくじけそうになりました。すると…「へこたれるな」というイラストが出てきてびっくり!それくらい読む人の気持ちに沿った本です。三角定規にはなぜ穴があいているか?授業だと「横道」にそれた話です。そんな「横道」がこの本にはちょいちょい出てきます。そういえば、横道にそれる先生の授業って楽しかったですよね。

すべての5レビューを表示

  • ゆ~くり

    中学での指導経験がある筆者なので、子供目線で文章が書かれていて良い。 定義→定理という数学の考えも学べた。 続きを読む

すべてのレビューを読む