発売日 2013年09月14日(土)

Let’s パーティー! -だけど僕には仲間がいない-

著者名:小金井ゴル(著者) 鍋島テツヒロ(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-7496-4
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小金井ゴル

イラスト・鍋島テツヒロ

Twitter

Unable to load Tweets

  • とにかくギャグが寒い

    2.0
    ホリ・トオル

    それだけで損をしている部分があると思う。加えて、文章力も正直稚拙なので未完成な作品という印象を拭えない。設定の矛盾も多数ある。ただ、絵師さんは素晴らしい仕事をしていると感じた。

  • silphy

    強いけど残念な奴らがパーティ結成!伝説の魔獣を狩るために結集した問題児連合軍は、ハチャメチャな冒険を通して、絆を深めていく。いずれも皆、癖があるメンバーである。魔法を制御できない厨二魔法使い、正義感が強すぎて暴走する聖騎士、行動も言動もフリーダムな弓使い、そして、Hで力を溜めて異能を行使する主人公。苦労人の主人公がヒロインたちの世話役となり、散々な目に遭いながらも、上手なケアで立ち回る。ヒロインの性格や言動に一切のブレがないため、引っかかることなく、安心してすらすら読める。徹頭徹尾、分かりやすいツンデレちゃんや、「それが私の正義ーッ!!」と叫ぶ不器用娘など、愛すべきバカが多くて楽しい。普通のパーティでは活躍できない彼女らだが、ここでなら、その力を十二分に発揮できる。元々、一人一人のポテンシャルは高いから、本来の力を出せたときの爽快感がたまらない。終盤、力を合わせて巨大魔獣と戦う場面は、「きっとコイツらならやってくれる!」と、期待と興奮で、ページを繰る手が止まらなかった。世界中に散らばる伝説の魔獣を求めて、彼女らの冒険はまだ始まったばかり。続きが待ち遠しい。

すべての3レビューを表示

  • Yobata

    魔物ハンターにとって仲間を組むパーティーは大切なもの。しかしセルジュはある呪いで二年間ソロプレイを強いられていた。それは強力魔法を使える代わりに右手が勝手にセクハラをすること。そんなセルジュの前に、コントロールが効かない大魔法を使う素直じゃない魔法使いユーク,己の正義を貫き通す怪力聖騎士のコンスタンス,極度の乱視の自由人弓使いのシャンが偶然にも集まり…。残念系パーティーファンタジー作品。鍋島イラストで購入。昨今流行りの狩ゲーと残念ぼっちを合わせた作品。ネタはあまり新鮮さがあるとは言い難いけど、それほど→ 続きを読む

  • シンヤ

    不慣れなやつほど奇を衒う。毒にも薬にもならないいまいち振り切れないコメディだった。もう設定から安定していない文章力で小説としては厳しいレベルかな。文章がまず読みにくい。登場人物は触れ込み通りの残念系で振り切れた登場人物造形ではあるのですが、作中で活かしきれていないのが惜しいかな。ギャグが売りなのだけど、個性も無く「ここ笑うところ?」いまひとつ面白くない。掛け合いのセンスが足りない。そして地文が中身と合ってない、文章の継ぎ接ぎ感がすごい粗い、総合的にセンス、表現力に難有り。物語の方向性はいいけど文章が駄目。 続きを読む

  • アウル

    読むのがしんどかった。ファンタジー版はがないという感じ。ギャグが面白くない上に強さの例え方が想像しにくいのでピンと来なかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む