発売日 2017年06月15日(木)

復讐スキル「死者喰い」と「時間操作」で勇者パーティーを全滅させます

著者名:瀬戸メグル(著者) 鍋島テツヒロ(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9283-8
サイズ:
B6/1色
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・瀬戸メグル

イラスト・鍋島テツヒロ

Twitter

  • (個人的には)復讐して最後は少しウルっときました。

    5.0
    ペンギン

    復讐相手と因縁等がある周りのキャラクターと共に目的を果たそうとする過程は非常にハラハラドキドキの展開です。

  • 4.0
    ビジョン

    なろう系書籍では珍しく、異世界や転生といった要素は一切絡んでいません。主人公は日本のゲーマーとか高校生とかでも何でもなく、元からその世界に住まう現地人です。また主人公に力を与える存在も、唐突に出てくる何か偉い神様とかではなく、その力を与える動機も納得の出来る理由からです(そういう意味では他作品より寧ろご都合主義的要素は少ない気もしますが)。同じ勇者(パーティー)への復讐譚としては『2度目の勇者~』がありますが、あちらが邪道(貶してない)な復讐劇であるのに対して、こちらは随分真っ当な(?)復讐劇のように感じました。主人公はそこまで精神破綻も来しておらず、また復讐対象以外に殺すのも皆念入りに悪行を描写された悪人ばかりである為、あまり後味の悪さを感じる事も無く、仲間と協力して強大なボス(聖神官)に立ち向かう場面など一種の冒険活劇風味に仕上がっています。『2度目の勇者~』に比べるとかなり気軽に読めるので、単純にスカッとする復讐活劇(?)を楽しみたいならこちらがお勧めです。基本的には勧善懲悪なのですが、『2度目の勇者~』の復讐対象達が同情の余地の無い屑であったのに対して、意外にも聖神官ジャルドは若干同情の余地がありそうな過去が描写されます(単に金銭や教唆等で誘惑されたなら同情の余地なしですが、あの状況では彼は堕ちるしか無かったとも言えます)。これによって本当の黒幕が勇者個人である事も明らかになり、続刊に期待が持てます。またこれもなろうでは珍しいですが、物語通しての主人公の相棒的なヒロインが現在の所おらず、各巻(エピソード)毎に個別のヒロインが登場するコブラ形式になる可能性があります。ヒロインの寄生パワーアップが嫌いな自分としては、こういう形式も新鮮で良いかな、と思います。同作者の『邪竜転生』では正にその寄生パワーアップ展開となり、やむなく切ってしまいましたがこちらはそうならない事を願います。

  • レビュー対象商品: 復讐スキル「死者喰い」と「時間操作」で勇者パーティーを全滅させます (GAノベル) (単行本)

    山田 石人

    色々と勿体ないというか惜しいというか・・・原因があって結果があるではなくて、結果のために原因が作られているというか身もふたもない言い方をすればご都合主義過ぎる展開の連続でした。もちろんお話的にはそういう作り方の作品もありだと思いますが、さすがに不自然過ぎるので読者に幻滅されないような工夫するべきだと思います。プロット自体は復讐ものとして面白いのですが、書き起こしたばかりの原稿を推敲というか煮詰めて再構成とかしないでそのまま出してしまったような印象をうけました。

すべての3レビューを表示