発売日 2015年02月28日(土)

プログラミング言語C++ 第4版

著者名:ビャーネ・ストラウストラップ(著者)

¥8,800 (税別)

ISBN:
978-4-7973-7595-4
サイズ:
B5変/2色
ページ数:
1360
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ビャーネ・ストラウストラップ

  • 初心者から熟練者まで必携の書

    5.0
    yasunh

    初心者はとりあえず第1章を読んでおおまかな流れをつかむ。中級・上級者はしっかり読み込む。さらにはリファレンスにも使える。2018年の今となってはちょっと古いともいえますが、それでもModern C++を勉強する・使ううえでは欠かせない書だと思います。柴田望洋先生の日本語訳もよく、この手の本の日本語版としては非常に読みやすいです。

  • 4.0
    ピーノシン

    C++の生みの親・ストラウストラップ自身が執筆した、C++言語の仕様書。この本を初めて見た人は、1000ページをも超える分厚さとその中に示されている、C++の多機能性に狂気を覚え、やがて本書を凶器として誤った使い方をしてしまう・・・・様なことは無く、案外すんなり読めるものである。それだけ丁寧に書かれている。ただ読者対象はC++初心者ではあっても、少なくても他の言語・特にCやJavaなどを経験した人じゃないと、やっぱり狂気に走り、本書は凶器と成り果ててしまうだろう...。C++はオブジェクト指向言語であり、使いこなせると、クラスというとてもありがたい恩恵受けることになるが、兄貴分であるC言語をあまりに武装してしまったが故に、習得がとても難しい言語となってしまっている。つまりプログラマー上級者向けの言語と言える。だから本書はVBを少しいじった事がある程度のプログラマーには、ちょっと敷居が高いものとなってしまうだろう。そしてこの値段・・・。やはり狂気と凶器しか残らないかもしれない。

  • C++の全てがここに.

    5.0
    まよ

    しっかりとC++について書かれています.教科書にはなりませんが,辞書のような使い方は出来ると思います.

すべての20レビューを表示

  • kaizen@名古屋de朝活読書会

    #感想歌 クラスよりテンプレートを先にして静的機能動的よりも 続きを読む

  • Makoto Ueno

    右辺値参照について、ウェブ上にはたくさんの説明があるが、さっぱり分からない。が、この本を読んだら分かった。買わずに済ましたかったけど、C++11で書くならやっぱり買わなきゃなりませんな。お値段は目玉が飛び出るほど高い…。 続きを読む