発売日 2015年06月30日(火)

10年戦えるデータ分析入門 
SQLを武器にデータ活用時代を生き抜く

著者名:青木峰郎(著者)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-7627-2
サイズ:
A5/1色
ページ数:
360
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・青木峰郎

青木峰郎(あおき みねろう)
前職より大規模データウェアハウス構築の業務に関わり、並列RDBMSに目覚める。現職のクックパッドではビッグデータ分析システム「たべみる」のアーキテクチャ設計から開発までを担当。著書に『ふつうのLinuxプログラミング』『ふつうのHaskellプログラミング』(SBクリエイティブ)『Rubyソースコード完全解説』(インプレス)などがある。

Twitter

  • データ分析を強みにしたい方向け

    4.0
    kenken

    エンジニアにとっては、物足りない内容ですので、エンジニア向きの本ではありません。エンジニアと話を進めながら、データ分析、データ活用を考えたい方にとってはとても有用な本だと思います。SQLの活用ができれば、エンジニアに対する尊敬の念が沸き起こるなぁと感じた一冊です。エンジニアでなくとも、内容理解はそこまで難しく無いかと思いますが、SQLを使うという点では、読了後にどれだけSQLを書いたかにかかってくるかと思います。

  • 4.0
    TaKn

    SQL解説本をいくつか拾って購入し、読み比べましたが、この本が一番要点を突いていて、現場で実践するには良い本だと思いました。解説内容にない、漏れているポイントも有りますが、それはそれ、マニュアルを引いて実践していけばよいものと思います。標題の「10年戦える‥」は昔聞いたCM「24時間戦えますか‥」を連想させてどうかな???と思います。好きにはなれないタイトルです。

  • エンジニアなら1時間程度でキャッチアップできる内容

    3.0
    matsubo

    Window関数の説明が手厚いのが良かったです。その他は普通の結合やサマリーなどの説明。まぁ、RDBMSを使った分析の基礎知識って感じです。10年は食っていけるけど、プロ思考の方向けの本では無いかな。

すべての11レビューを表示

  • T

    この本の一番の特徴は、分析すべきことを知っている(しかしシステムのことは分からない)非エンジニアと、システムのことは知っている(しかし分析すべきことは分からない)エンジニアの間で通じる、共通言語を提供するという目的で書かれている点。大きなデータやシステムが、小さな会社でも扱いやすくなってきてる昨今で、早いとこ埋まったらいいなと思う溝。しかしエンジニアに通じる言語を習得して歩み寄るのはなかなか難しい… 続きを読む

  • えんど

    非エンジニアがサクッと分析するためのsqlがそろってるのでとてもいい。これとprogateやってればある程度の分析できる。 続きを読む

  • たくち

    非エンジニアにはクエリを書かずともポチポチするだけで解析が可能なプラットフォームが登場しつつあるし、エンジニアはコードが書けるし、これで10年戦えるとは思わないけど、まあそのあたりは意図的なものでしょう。内容の広さと深さのバランスはちょうど良くて、初学者に勧めやすい一冊ではある。Treasure DataとHivemallが一瞬登場していた。 続きを読む

すべてのレビューを読む