発売日 2014年06月28日(土)

ゲーム作りのはじめかた
Unityで覚える企画からレベルデザインまで

著者名:あすな こうじ(著者)

¥3,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-7736-1
サイズ:
B5変/1色
ページ数:
512
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あすな こうじ

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 流石に古い

    2.0
    アイアム

    Unityはバージョンアップを重ねてるので本の内容通りのコードだとエラーが出ます今から買うのは止めたほうがいいかと…

  • 5.0
    せいくん

    ゲームのプランニングからスクリプトの基礎も網羅されており買いだと思います。

  • Unityの学習本というよりは、ほんとゲームの作り方ですね。

    5.0
    amanzo

    レベルデザインなどのデータの持ち方、チューニングの思想などゲームの作り方が垣間見れます。ゲーム制作なのでプログラムが大半になりますが、プログラムに関するフォローも最低限してくれていると思います。プログラムの説明というよりは、何をしようとしているかの解説になってます。良書です。Unityの使い方については限定的でこちらは主ではないのでその辺は勘違いないほうがいいですね。

すべての12レビューを表示

  • あーてぃる

    これからUnityを使ってゲームプログラムを作りたい人に最適な一冊。ゲームをおもしろくする要素を、実際にUnityで簡単な構造のゲームを作りながら解説していく。この本のとおりにすればとりあえず動くものが作れる。そして、レベルデザイン(面白さの調節)とは何かまでが感じ取れる。 使用されているUnityのVerは4.3.4である。Ver5.3以上のUnityでは、書かれているプログラムはそのままでは動かない。この本のとおりに進めたい方は、「過去バージョンの~」からVer4.*.*をインストールしたほうが良い。 続きを読む

  • nevie

    現役ゲームデザイナーの方が書いているので、おもしろさを追求する部分が徹底していたと思う。いきなり凝ったグラフィックにはしていないので、おもしろさの本質を浮き彫りにしやすいのかもしれない。 続きを読む

  • ゆづる

    書くことを詰め込みすぎて全てが中途半端な説明になっている印象だった。企画の部分はほとんどが、「こうなっていた方が面白い感じですよね?でも疑って考えてみるのも面白いです!」だし、プログラミングの部分は簡単な文章で済まされているので本当の初心者は途中で詰まってしまうだろうし、説明に嘘が多い。半分くらい読んだけどふわっとした感じで得られる事が少なそうなので読むのをやめてしまった。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品