発売日 2014年05月15日(木)

聖剣使いの禁呪詠唱 7

著者名:あわむら赤光(著者) refeia(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7741-5
サイズ:
文庫
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・refeia

Twitter

Unable to load Tweets

  • とにかく面白い。

    5.0
    Amazonのお客様

    はっきりいってかなり王道をまっすぐに行くストーリーです。でもここまでいくとかえって面白いですね。

  • 1.0
    メッシュ

    キンドルってさぁ、素直に読了させてくれなくて、感想だかなんだかいろいろ読み終えた後に要求してきて後味悪いよね。はっきり言ってもう二度と使いたくないって感じ。さらに読み放題も糞みたくなっているし。これからは、電子書籍はすべて楽天koboにします。

  • ダメな大人とそれに振り回される子供

    5.0
    スケアクロウ

    なんと言いますか、この作品の大人ってほとんどが自分勝手というかなんというか・・・。無能じゃないんですけど、やっかいな人間なんですよね。で、そいつらのせいでいつも苦労するのが諸葉やサツキや静乃や実戦部隊といった子供なんですよね。今回はそれが特に酷くて、敵側の行動が全部自分勝手な理由で正直イライラしました。諸葉もそんな大人たちについに説教するんですけど、言ってる事が正論なので大人のダメさがよくわかります。本人も言ってますけど、救世主になりたてのヒヨッコである彼に意見されている時点でダメなんですよね。

すべての4レビューを表示

  • よっち

    中国支部長代理ヂーシンが諸葉を危険視する日本支部の高梨と手を組んで告発して「牢獄の魔女の館」に幽閉、静乃たちが救出する戦いに挑む第七弾。わりとあっさり陥れられてしまった感のあった今回の展開ですが、ヂーシンはともかく高梨の言動があまりにも小物な感じでしかなくて残念。今回諸葉は幽閉中になかなか重要なキーマンに会ったようで、静乃の前世に触れられたり、諸葉救出に向けて頑張ったりしていましたが、新展開に向けた布石というか、その辺含めて本格的に語れるのはこれからなんですかね。シャルルのツンデレっぷりもなかなかでした。 続きを読む

  • Yobata

    魔神級「異端者」との戦いの中、突如現れた中国支部長代理のルー=ヂーシン。彼は諸葉こそ「異端者」を生み出す存在だと諸葉を「牢獄の館」へ幽閉する。静乃たちは諸葉を救うべく行動を開始する…。ヂーシン編。己の欲望,権力争いに必死な実力ある救世主達だが今回は特に酷かったな…。異端者の生産者という強引な理屈で己の欲を満たす為、諸葉を幽閉するヂーシンと恭子。だけど駿河の秘書である恭子は…雑魚臭半端なかったな…wそれだけ静乃の本気が凄かった。あのシャルルとも対等に交渉を進める程とは…。石動,レーシャ,サツキと→ 続きを読む

  • METHIE

    今回はシャルルが事実上の主役回だなぁ。 8巻は短篇集で9巻が諸葉大活躍なので大いに期待、もちろんアニメも。 それにしても田中太郎を始めとして人類側にも謎が多いなぁ。 続きを読む

すべてのレビューを読む