発売日 2015年01月15日(木)

聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》10

著者名:あわむら赤光(著者) refeia(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8248-8
サイズ:
文庫
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・refeia

広島県出身。
第1回GA文庫大賞《奨励賞》受賞。代表作にTVアニメ化作品「聖剣使いの禁呪詠唱」のほか、「あるいは現在進行形の黒歴史」など。

Twitter

  • やっぱりドタバタストーリー

    5.0
    Amazonのお客様

    でも、そこがいいと思う。変なこだわりもなく、だれにでも薦めることのできる本だと思う。今回はアメリカ支部の話だけどいままでと少し違うストーリー展開で面白かったです。

  • 4.0
    Amazon カスタマー

    次々と主人公の前に現れる異端者やセイヴァーたちがラブコメやる暇を与えてくれないと思っていた矢先にクリスマスイベント!。色々と思うことろはあるけど主人公らしくイベントを楽しく過ごすのかなっと思っていた直後にやっぱり異端者、さらには新たな敵の将まで現れちゃう。そんないろんな事起きちゃうこの巻も最後はちゃんとまとまってて読み応えのある1冊になっているから不思議。今回も楽しく読ませていただきました。m(_ _)m

  • レビュー対象商品: 聖剣使いの禁呪詠唱 10 (GA文庫) (文庫)

    ああああ

    敵のトップが力押しで負けた挙げ句、一度手も足も出ずにボロ負けした奴が加わっても。あと主人公の戦闘時の掛け声がすらあってカッコ悪い。

すべての3レビューを表示

  • よっち

    「六翼会議」が動き出す中でのクリスマス回。万里とマーヤのクリスマスに諸葉が参加、サツキ・静乃・レーシャが招待されてのクリスマスパーティーは各々らしさが出ていて良かったんじゃないかと。それにしても万里も戦慄するマーヤとの仲良しっぷりといい、ネリーに一緒にみんなのプレゼントを選んでもらったことといい、諸葉のリア充っぷりが半端ない件。春鹿先輩も成長してた。不登校が続いていた石動迅の弟・厳が再登場したり、熾場亮と諸葉の激突、「六翼会議」に新メンバーが加わったり、激突に向け着々と舞台が整えられていってる感ですね。 続きを読む

  • Yobata

    クリスマスを迎え、マヤ姉妹が主催するパーティーのプレゼントを選びに悩む諸葉の前にネリーこと白井宇佐子が現れる。彼女が残した名前、熾場亮こそ敵こ「六翼会議」の王で、町に現れた魔神級との戦いの末に邂逅する…。熾場亮回。同窓だった校長の万里の口伝いから熾場の過去と目的が明かされた回だったかな?クリスマスムードでサツキや静乃がワイワイする中、一人暴走する男、愚弟石動厳が再登場するも諸葉はSに,サツキさえBとなり手加減のデコピンで一蹴とはwそんな妄執に目をつけられ六翼達の実験台に。しかし魔神級になっても→ 続きを読む

  • アウル

    前半がクリスマスを楽しむ諸葉達で後半は六翼会議の長である熾場亮が魔神化の実験と諸葉とのバトルと言った内容。石動弟が久しぶりに登場したけど案の定かませ犬だったなw諸葉と熾場亮のSランク同士の戦いはいいね、諸葉といい勝負する敵の登場はありがたい。六翼会議との本格的にぶつかり合うのも近づいてきたしどうなるか楽しみ。 続きを読む

すべてのレビューを読む