発売日 2015年08月12日(水)

聖剣使いの禁呪詠唱 13

著者名:あわむら赤光(著者) refeia(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8481-9
サイズ:
文庫
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・refeia

広島県出身。
第1回GA文庫大賞《奨励賞》受賞。代表作にTVアニメ化作品「聖剣使いの禁呪詠唱」のほか、「あるいは現在進行形の黒歴史」など。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 鬼副長の短編が多い巻です

    4.0
    tamu

    鬼副長の話が多くてちょっと引き気味ですが、意外な一面も少し見られるもので、面白かったです

すべての1レビューを表示

  • スズ

    三年生が卒業を迎え、諸葉達が彼らと過ごした日々を思い返していく短編が前半と中盤、後半は諸葉に敗れて以降穏やかになったロシア支部の長である雷帝のお膝元・エカテリンブルグが六翼会議に襲撃される話でした。諸葉が合宿で斎子からセクハラを受けたり、諸葉とソフィアの秘密特訓、春鹿と斎子の料理対決、丈弦と真奈子のデート、サツキ対斎子の脱衣ポーカー等、全体的に表紙の斎子との絡みが多い話が多く、彼女の欲望むき出しのセクハラ行為が強烈でしたが、後輩達の事を大切に想う彼女は隊長の石動と共に実戦部隊の柱であった事を実感しました。 続きを読む

  • Yobata

    ワルブレ短編集第2弾。3年生卒業を迎え、神崎先輩を始めとした上級生達の短編。合宿での神崎先輩,ソフィア先輩の言葉間違い,モモ先輩の料理対決,初介&真奈子のデート,女子寮ポーカー対決,血戦エカテンブルクの6話。いやぁ〜神崎先輩のエロは揺るぎなかったなw合宿でのオイル塗りや料理対決での媚薬混入,ポーカーでの脱衣からの見せつけと諸葉に対するセクハラの姿勢が淀みなさすぎて、さすが最後まで神崎先輩は神崎先輩だったねwソフィア先輩の○首舐めは…諸葉いかんでしょ、陥没て…。初介と真奈子の災難デートは短編らしい展開に→ 続きを読む

  • よっち

    亜鐘学園にも卒業式の日が訪れ、実戦部隊の次期隊長も決まり、敬愛する先輩たちが旅立っていく朝に諸葉が思い出す記憶を綴る短編集。表紙から飛ばすセクハラぶりで最後まで駆け抜ける神崎先輩と、そんな先輩を相手にマイペースな諸葉という基本構図で語られてゆく先輩たちとのお話は、やや肌色成分多めながらもいい話もあったりで、繋ぎの日常エピソード集としてわりと面白かったですね。とはいえ一方で状況的に六翼会議に連れ去られた万里や、同じく急襲されたロシア支部の方はなかなか厳しい状況のようで、次巻以降の展開がどうなるか楽しみです。 続きを読む

すべてのレビューを読む