発売日 2015年11月26日(木)

やさしい基本情報技術者講座 2016年版

著者名:高橋 麻奈(著者) ユカワアキコ(イラスト)

¥1,780(税別)

ISBN:
978-4-7973-8609-7
サイズ:
A5/2色
ページ数:
512
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高橋 麻奈

イラスト・ユカワアキコ

高橋 麻奈(たかはし まな)
1971年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。主な著作に『やさしいC』『やさしいC++』『やさしいC#』『やさしいJava』『やさしいJava 活用編』『やさしいJava オブジェクト指向編』『やさしいXML』『やさしいAndroidプログラミング』『やさしいJavaScriptのきほん』『やさしいITパスポート講座』『やさしい基本情報技術者講座』『やさしい応用情報技術者講座』『やさしい情報セキュリティスペシャリスト講座』『マンガで学ぶネットワークのきほん』(SBクリエイティブ)、『入門テクニカルライティング』『ここからはじめる統計学の教科書』(朝倉書店)、『心くばりの文章術』(文藝春秋)、『親切ガイドで迷わない 大学の微分積分』(技術評論社)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 買うべきではない本

    1.0
    ウルトラゾーン

    他の方がおっしゃっている通り、本屋でざっと中を見た感じの見た目に騙されました。適度に図表があり、体裁もなかなか良さそうで厚みもほどほどにあるのですが、肝心の説明が酷すぎます。本の厚みも紙が厚いだけで1.5倍増しになっているだけ(軽いのはいいんだけど)しかし、著者はこれで初めて学ぶ人が理解できると思っているのでしょうか?とりあえず出しておけば売れるだろうという気持ちで出版している訳ではないと思いたいところですがこのような中途半端な学習書物を出版するのは犯罪にも等しい行為だと個人的には思っています(多くの人が金銭と時間を無駄にしているのですから)テキストの題名に「やさしい」と書いてあるのも、誇大表現でJAROに訴えたいくらいですね。資格や検定試験のテキストはいろいろ買ってきましたが、1/3くらいの確率でひどいものがある印象です。このようなひどい書籍が淘汰されてみんなが安心して購入、学習できるものが増えて欲しいと切に願っています。まぁ、とりあえず今後はこの著者この出版社の本は二度と買わないな

  • 青山

    ここのレビューを見てから買うべきでした。過去のシリーズからも言われているとおり、説明と説明とが飛び飛び、不足しているどころか、論理的に繋がっていない箇所が多く、特に初学者にとっては情報処理そのものが嫌いになるように作られています。数学のテキストでよくある「計算の過程」が全く書かれていない。例えば、2進数を8進数に変換するところは、3桁ごとに区切ればよい、ほら簡単でしょ、答えはこれです。とだけあって、既習者にとっては「そうだよな」であっても、おそらくこの本を手にする多数の初学者にとっては「え?なんで?」となるでしょう(なぜそうなるか、という説明はありません。この箇所に限られず)。この本が「罠」であるのは、一見すると図表、イラストが多く、分量も多いことから、初学者向けと錯覚しそうな体裁となってはいる一方、その初学者が最も必要とする理屈の説明がすっぽりと抜け落ちているという本であるということです。章ごとに掲載されている過去問についても、章のまとめとしての力試しといったものでなく、初めて聞く単語だらけ、本文内容ではとても太刀打ちできず、解説を読む→え、なんでそうなるの?(書いてない)→そこでまた情報処理が嫌になります。著者は東大の経済学部を出ている才女、おそらくこの説明でも理解するには十分であると感じるのでしょう。よくある「自分ではわかってる人のする、分かりづらい説明」を聞いた気分になれます。

すべての3レビューを表示

  • chie

    一応一通り読んだけれど、頭の中に何も残らなかった。特に午後問題などは、解説を読んでも分からなかった。これが「基本」か~。だけどまだ、あきらめる踏ん切りはつかないでいます。ぼちぼちやるしかない。 続きを読む

すべてのレビューを読む