発売日 2017年09月22日(金)

ふつうのLinuxプログラミング 第2版
Linuxの仕組みから学べるgccプログラミングの王道

著者名:青木 峰郎(著者)

¥2,750(税別)

ISBN:
978-4-7973-8647-9
サイズ:
A5/1色
ページ数:
480
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・青木 峰郎

青木峰郎(あおき みねろう)
ふつうの体育会系プログラマー。現職のクックパッドでは全社のデータ分析基盤を担当。著書に『10年戦えるデータ分析入門』(SBクリエイティブ)『Rubyソースコード完全解説』(インプレス)などがある。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • とても分かりやすい

    5.0
    Amazon カスタマー

    非常に分かりやすく書かれており、普段Linuxにあまり触れないWebエンジニアのような方にもお勧めできる内容でした。インフラの人と仲良くなれる本です

  • 3.0
    杉田

    初心者向けに近い感じを受けました。もう少し核心に触れて欲しい感があります

  • プロセス,シグナルの辺りから面白くなってくる

    4.0
    一利用者

    オライリー本へ進む前に読んでおくと安心な本,という印象を持ちました.決してレベルが低いというわけではなく,掲載されている内容も要領よくまとめられていて不満を感じることはありませんでした.誤植なども見あたりません.個人的にはプロセスやシグナルを扱う章のあたりから面白く読ませていただきました.ストリームやファイルの項目は以前に別の本である程度読んでいましたので,その復習という意味で消化しました.各章の最後に示されている問題の中には多少手こずる問題もありましたが,総じて確認に適当なレベルが用意されていると思います.解答に一部推奨されない構文(goto)が用いられていることもありますが,そこは個人で如何様にもできますので,大きな問題ではないと思います.また本書に含まれなかった項目についても最後にまとめて本が紹介されており,さらに本に限らず情報の仕入先なども併記されていますので,それも参考にして先へ,深く進むこともできると思います.

すべての5レビューを表示

  • ライクロフト

    いつの間にか第2版が出てた!C言語の勉強を終えたくらいのレベルで読み進めることができる名著。さすがに初版から12年たって内容に古びていた部分をアップデート。全般的に目に優しくなった気がする。システムプログラミングの入門書として薦めたい1冊。 続きを読む

  • miwarin

    Linux知らないので読んだ。入門としてよいですね。「詳解UNIXプログラミング」を掻い摘んだような感じです。 続きを読む

  • komlow

    オライリーから出てる『Linuxシステムプログラミング』と大体似たような内容だった 続きを読む

すべてのレビューを読む