発売日 2017年03月15日(水)

リリエールと祈りの国

著者名:白石定規(著者) あずーる(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9068-1
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白石定規

イラスト・あずーる

白石定規(しらいし・じょうぎ)
GAノベル版『魔女の旅々』で商業作家デビュー。 愛知県在住。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 丹羽宗太郎

    何気なく手に取った作品でしたが、これがもう面白くてスラスラ読める。主要人物のほとんどが自然にさらりと毒を吐くから読んでいて笑ってしまった。お金を貰い依頼を受けて問題を解決するところから個人的に探偵物寄りな作品だと思う。 最後の章で全体の謎が明かされる場面では予想していない展開に騙された感覚。主人公の一人称で思い込んでしまっていたけれどもしや……個人的には不思議な世界感ながらも面白い作品だったので、続きがあるのであれば是非とも読んでみたい作品です。 続きを読む

  • ナカショー

    『魔女の旅々』と同じ世界観の新シリーズ。新シリーズと言ってもイレイナはガッツリ絡んできてるので、前作を読んだほうがより楽しめるかと思いました。次巻も楽しみです。 続きを読む

  • 真白優樹

    捧げられた祈りが歪む都市で、解呪屋の少女と天涯孤独な少年が出会い始まる物語。―――祈りが呪いに変わる壊れた都市で、それでも僕らは生きていく。どこか致命的に壊れた、少しずつ崩壊していく都市。それでも、無駄になったとしても、この都市を支える為に。前作を読んでいなくても存分に楽しめるこの物語は、どこか暗黒郷な風が吹く都市を舞台に、それでも明るく賑やかに、でも時々しんみりと生きていく人達の物語であり、適当に、楽しく生きているが故に面白いのである。彼らは次はどんな呪いを解呪するのだろうか。 次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む