発売日 2017年11月15日(水)

変奏神話群 剣風斬花のソーサリーライム

著者名:千羽十訊(著者) 桑島黎音(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-9152-7
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・千羽十訊

イラスト・桑島黎音

Twitter

Unable to load Tweets

  • 2巻を買うかどうかの試金石として購入

    5.0
    Millefeuille

    異世界から侵蝕してきた幻想種を討つための兵士・部隊を養成する学校、ボーイ・ミーツ・ガールetc・・・。斬新さは皆無ですが、キャラは立っているし、飄々とした主人公は格好良く。ヒロインは強いし美人だしちょっと抜けているのが可愛いし。会話も読んでいて楽しいし、模擬戦レベルでも熱いバトルが繰り広げられ、王道と申しますか、秀逸な出来でした。良くも悪くも熱いテンプレなバトル物。厨二心をくすぐるネーミング&ルビも心地良く、2巻購入も確定!しかしながら他の方のレビューにもあるように『どこかで読んだような物語』には違いないので、レビュー冒頭の一文に強い既視感のみならず忌避感を抱かれる方は避けた方が吉かと。

  • 1.0
    犬文字 清重

    素材は他作品のいい品質のネタを切り取り集めてきてる感があるがそれをまとめるこの作品の設定はありきたりで描写も低レベル。正直扱いきれてない。厨二ワードは「ツヨーイソード」「サイキョーケン」「ユウシャー」「マオー」をかっこいいと錯覚してる難しい漢字とか横文字とか伝説の武器の名前で当ててるだけ。浅い。あと地の文が不快。とにかく読みにくい。ブチブチ切れて、ぐるぐる視点が変わる。いちいち前の文に戻って理解しないとだめだったり、作者だけが分かるような作品用語(ろくに説明がない)で出来た読みにくい文章にイライラしぱなし。キャラも作り物感に溢れる。キャラたちが動いたり喋ったりするたびにギシギシ関節の音が聞こえてきた。あと世界設定がふわっふわ。世界の半分が侵食とか人間が沢山死んだとか説明がザツ。そこぼかされると状況の危険度がわからん。もし10億レベルで死んでたら全世界決死でもっと悲壮感でるだろ。あと人類の希望のとこが学校ってのも低レベルラノベっぽいし、戦闘訓練でなくチシキモヒツヨーとか言って普通に授業があるとかあほやろこいつら。未来の戦力に国語とか化学とか物理とか体育とか音楽とか教えるの?戦闘訓練なしで?まだ魔力メーターぶっ壊してまた僕なんかやっちゃいましたかするほうがましとか…。神は細部に宿るというがこれは、汚点は表面に目立つみたい。普通に楽しみに買ったのに悪いとこばっかり先に目について、いいところが見つからなかった。せめて素人に不快と思われるような要素は極力削ろうよ。推敲のところで。シリーズ1巻目だろ?1巻目が赤点だったら2巻目買ってもらわれないぞ?

  • 面白い

    5.0
    Amazon カスタマー

    ストーリー、キャラ、設定全部好みでした次巻が楽しみです所々設定がどこかで見たことあるなって感じでしたけど面白ければ問題なし

すべての3レビューを表示

  • すい

    空想の存在が実在し、数十年前を機に表舞台に認知された――世界を侵蝕するという形で。同様に実在した魔術士や騎士などの活躍により被害は世界の半分で済む。時代と技術が進み、訓練を積んだ学生達が異形に立ち向かえるようになるも、人類はいまだ侵蝕の危機に晒され、真の戦いを知らぬ若者達は己の力に驕っていた。そんな中、伝説の部隊に所属していた少年と、桜色の髪をした魔術師の少女が出会う。 面白かった。主人公のさっぱりした性格もいいし、キャラの掛け合いも軽妙で心地良い。ヒロインも可愛い。王道をおさえた良作。次巻も楽しみ。 続きを読む

  • 真白優樹

    ―――英霊の力で戦え、例え彼女の刃が迫るとしても。救いのない終末の世界、敵は幻想と考えられていた生き物達。武器は英霊の魂を宿す武器、そして異能。これで熱くならない者は恐らく少数派であろう、そんなファンタジーバトルの道のど真ん中を、ブレーキすら振り切った速度で駆け抜けるこの物語。もしこの物語に触れて、心が熱くなったのなら、燃えたのなら、その時はもうのめり込んでいる筈。それだけの力があり、バトルがツボな読者様にはお勧めしたい。見果てぬ夢、叶える為の戦いのこれからの行末とは。 次巻も須らく期待である。 続きを読む

  • リク

    空想の存在に侵食され、敗走した人類のリベンジマッチ。べらんめえ口調が特徴的な主人公だけど、荒っぽい言葉とは裏腹に他人を思う優しさが魅力的。仲間を思ってのカッコいい台詞が多かった。バトル方面も熱いんだけど、終盤で大ボス戦を連発したがゆえに一戦一戦の盛り上がりに欠けたのがちと残念。パーツで見ると面白いけど、全体だと突っかかりがなくどうにも平坦に感じた。その辺はこれからの改善に期待。 続きを読む

すべてのレビューを読む