発売日 2017年07月26日(水)

大人の男の気遣い

著者名:潮凪 洋介(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9188-6
サイズ:
四六/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・潮凪 洋介

潮凪 洋介(しおなぎ ようすけ)
エッセイスト・講演家。株式会社ハートランド代表取締役。 1970年生まれ。「人生・仕事・恋愛」という3つの視点から「自分流人生の作り方アドバイス」を行なっている。また、「仕事だけの人生ではなく、人生そのものをもっと楽しむ! 」をモットーに講演活動を展開する傍ら、本当にやりたいことを見つけ、それを会社外で実現する「潮凪洋介の自由人生塾」、エッセイスト養成・出版プロデュース機関「潮凪道場」を運営している。主な著書に、「いい人」シリーズ累計20万部超の『もう「いい人」になるのはやめなさい! 』『それでも「いい人」を続けますか?』(ともにKADOKAWA)、『「男の色気」のつくり方』(あさ出版)、『「バカになれる男」の魅力』(三笠書房)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • レリナ

    こんな大人の男になってみたい。こんな気遣い考えたこともなかったので参考になった。恋愛、仕事、遊び、多岐に渡る大人の奥深い気遣いの仕方が書いてあるので、一味違った内容の本に仕上がっている。ある意味こういった気遣いができれば、一味違った大人の人間になれるかもしれない。憧れるなぁ、こういう大人。著者の人生観が一味も二味も違っているのだろうなと読んでいて思う。こういう本を読んでいると参考になることが多いので、自然と実行したいと思える。大人の気遣いをしたいと思う人は一読の価値あり。 続きを読む

  • じゃんぬ

    ■包容力や優しさは、弱さや自信のなさの裏返しであってはならない。 ■人に期待しないが、人情は捨てない。 ■月日がたっても、受けた恩は何度も口にする。 続きを読む

  • たかボー

    かっけぇ……。こりゃ「大人の男」って感じだ。「大人の男」というより「1人の人間」として参考になることが多かった。相手を包み込む器量を持ちながらもいじられる隙を見せるような大人の男。かっけぇ。「『低すぎる自己評価』を正してあげる」「いじって、居場所をつくってあげる」など42の気遣いが挙げられている。相手をいじることで居場所を作るということは、会話のオチ、つまりその場の空気がどうなるかの権限を乗れない人に渡してしまい場が冷えるリスクを抑え、いじることで最初からオチをつけておく、という流れを知りなるほど、と。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品