発売日 2017年07月15日(土)

ジェノサイド・リアリティー 異世界迷宮を最強チートで勝ち抜く

著者名:風来山(著者) kero介(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-9237-1
サイズ:
文庫
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・風来山

イラスト・kero介

著者:風来山(ふうらいさん)

「小説家になろう」で多数作品を発表。
「酷幻想をアイテムチートで生き抜く」 (GCノベルズ)が現在5巻まで刊行中。
癖のある主人公やヒロインを書かせたら右に出る者はいない。チャキチャキの関西弁使い。

イラスト:kero介

実力に裏打ちされたイラストレーター。可愛いヒロインはもちろん、服装や小道具のデザインにもこだわり、ファンタジーから現代制服までを、自由自在に描きわける。
ペンネームの由来はカエルのアイコンから。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 最初の10数ページが鬼門

    4.0
    Amazon Customer

    序盤の勘違い系なとても痛い厨二病患者的主人公が苦痛で読むのをやめてしまおうか悩みました。評価が高かったので読み進めましたが、中盤以降は面白かったです。内容は「この世界がゲームだと俺だけが知っている」のクラス(学年)転移版+コメディ要素を減らした感じですかね。ヒロイン候補は多いし、ライバルキャラや暗躍するキャラなどもいるのに、ソロでダンジョン攻略しているときが一番面白い。ダンジョン攻略もゲーム知識を駆使してサクサク攻略していくのがいいですね。ゲームが現実になったことで可能となった攻略法とか面白いです。最後のウッサーの件もそうですが、今後ゲームと違う展開に主人公が振り回されるところも見れそうで楽しみです。

  • 4.0
    藍染

    高校の1学年6クラスが異世界転移に巻き込まれる系統の作品。その異世界が主人公が昔プレイしていたゲーム(ジェノサイド・リアリティ)の内容に酷似していることに気が付く。ゲーム世界の設定がごちゃごちゃして説明ばかりにならず、シンプルな点が良い。学年の内で有力者が集団全体での攻略を目指していく一方で、主人公はゲーム知識を活かし、ソロプレイで先頭を切った攻略を好む傾向にある。その点、ちょっとソード・アート・オンラインにも似てる気がしますが、オリジナル作品ですし、良く書けている方だと思います。なろう作品ですと、良く加筆修正されるのが「お色気の増加」ばかりだったりするのですが、書籍として考えた加筆になっていると思います。主人公の同性(男)のライバルが異様にアホだったり、人格に問題があったりするのではなく好感を持てるキャラなのも良い。※以下、ネタバレになるかもです。この先、2巻でそのライバルとぶつかって、3巻辺りで最初のゲームクリア・・・かな?無料で読めるウェブ版ですと最初のゲームクリアまではダンジョン(地下20階層まで)が舞台で、その後、再び異世界に戻った主人公達がダンジョン周辺の大陸にも出かけて行きます。世界観が広がるので、再び戻ってきた辺りの展開が寧ろ面白いと思います。ソロプレイが好きな主人公も結局、仲間と協力していく感じも良い。ただ、最初のゲームクリア辺りの話は単調で、いかにも裏切るだろうな・・っていう人が裏切る内容なので、その点、この1巻と同等程度に良心的な加筆がなされて、物語に深みが出ていると良いなと期待しています。

  • 面白い

    4.0
    Kindleのお客様

    主人公の、好きなゲームをソロで黙々とやりこみたいドライな部分は共感できる設定や色んな性格のキャラ配置もオーソドックスながら、攻撃行為はできない街の設定もからめて今後どう関わり合っていくのか楽しみ

すべての5レビューを表示

  • 真白優樹

    突然学園毎が異世界に転移し、生徒達の本性が露わになっていく中、かつて自分が攻略したゲームとの類似性に気付いた少年が最強を目指す物語。―――攻略せよ、本性と欲望の交差するこの迷宮を。突然放り込まれた命の軽い極限状況。曝け出される黒い本性と人の欲望。正義感に踊らされる少年が状況を知らず踊る中、少年は孤高に潜っていく。救いのない酷く暗い荒涼とした世界と、どこか癖の強い壊れた少年達の命がけのひりつく緊張感が癖になるこの物語。歪みと策謀が進行する中、少年は真実を知る時、どう動くのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む

  • よちたか

    40年前に「漂流教室」で衝撃を受け、20年前に「バトルロワイアル」にハマった世代としては、今またネット小説を中心に「クラス丸ごと異世界転移」というジャンルがあるのを知って、非常に興味を持った。倫理的には色々問題あるのかもしれないが、クラス全員でのサバイバルとかデスゲームというのは、容赦が無いほど面白い。この作品の場合は、高校の一学年全員がゲーム世界のダンジョンに転移するのだが、いきなり1/3を失うような凄惨な状況。チートソロプレイヤーの主人公の狂気も良いが、街に残った学生達の不穏な空気の方がすごく好み。 続きを読む

  • nawade

    ★★★☆☆ Web版未読。学園転移で異世界ダンジョンに転移したワタルはこの世界がゲームに酷似していることに気づき知識チートで最強を目指すダンジョン最強ファンタジー。Wizのようなレトロゲーム感が強い世界観は郷愁を誘いますね。酷幻想の作者らしくエグみの強い作品だが、主人公がヲタではなく、俗世に興味がなく、ひたすら強さを求めるタイプなので、それほどストレスなく読み進められる。癖が強いけど久美子が健気で可愛いですよね。というか、この位でないと主人公についていけないでしょう。ウッサーと久美子の邂逅が楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む