SBクリエイティブ

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版

徳丸 浩:著者

脆弱性が生まれる原理と対策の実践

2011年3月刊行 「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方」の改訂版。
Webアプリケーションに生じうる脆弱性とそれを生まないための対策について、プログラマー向けに解説しているタイトルです。刊行から丸7年経過し、さまざまな環境が変わってきており、最新状況にあわせた上での改訂です。

<主な改訂内容>
●「携帯電話向けWebアプリケーションの脆弱性対策」の章を削除し、「脆弱性診断入門」の章を新設
●HTML5によるWebアプリケーション制作で注意するべき内容を追加
●「クリックジャッキング」などの新しく知っておくべき脆弱性を追加

また、実習環境は最新のものに変更。それに伴い、画面キャプチャなどはほぼ撮り直し。
好評価を獲得し、ロングセラーを続けているタイトルの改訂です。高価格帯の商品ですが、前版をお持ちの読者の買い替え需要も期待できる1冊。ご期待ください!

定価:3,520円(本体3,200円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2018年6月21日(木)
  • ISBN:978-4-7973-9316-3
  • サイズ:B5変/2色
  • ページ数:688
  • 付録:-

本書は読者が脆弱性の実物にふれることを重視しています。そのため、読者が安心して攻撃方法を体験できるように、VirtualBoxの仮想マシン上で脆弱性のサンプルを試せるようにしました。実習に必要なソフトウェアは本書のサポートサイトからダウンロードできます。どうか、読者が自ら手を動かすことで、脆弱性の理解を深めていただければと思います。本書第2版がWebサイト

脆弱性とは、「悪用できるバグ」

開発者にとってバグは身近なものです。アプリケーションにバグがあると様々な悪いことが起きます。たとえば、間違った結果を表示する、処理がいつまでたっても終わらない、画面が乱れる、異常に遅い、などなどです。そして、バグの中には、悪用ができてしまうものもあります。そのようなバグのことを脆弱性(vulnerability)またはセキュリティバグと呼びます。脆弱性は「ぜい弱性」と表記される場合もあります。Webアプリケーションの脆弱性がボットネットワークの構築に使われています。その様子を図1-1に示しました。

実習環境の概要

本書では上記の環境をセットアップしたVirtualBox仮想マシンをダウンロードできるよう用意しました。VirtualBox上でLinuxを動かすイメージを下図に示します。仮想マシン上のLinuxサーバーは実際には読者のPCで動いていますが、これをインターネット上のサーバーであると見なしてください。仮想マシンの利用により、インターネット上のサーバーに近い環境を手元のPC上に再現することができます。

クロスサイト・スクリプティング

様々な状況で発生するクロスサイト・スクリプティング脆弱性について、前項を補足する内容を説明します。具体的には、href属性などURLを保持する属性値、イベントハンドラのスクリプト、script要素内についてです。外部から変更できるパラメータがどこに置かれているかによってエスケープ方法が変わるため、先に紹介した図を拡張したものを示します。

「重要な処理」の際に混入する脆弱性

これは、CSRF攻撃のための罠のHTMLファイルです。攻撃者はインターネット上のどこかにこのファイルを置き、攻撃対象サイトの利用者が見そうなコンテンツから誘導します。攻撃対象サイトの利用者がこのHTMLを閲覧した際の様子を図に示します。

CSRF攻撃とXSS攻撃の比較

CSRFと(反射型の)XSSは名前が似ているだけでなく、攻撃に至るシナリオが似ており、さらに攻撃の影響が一部重なっているので、両者を混同する人が少なくありません。両者を比較するために、図にCSRFと反射型XSSの攻撃シナリオを示します。CSRFとXSSは、①から③までは似た経路をたどりますが、その後が違います。

クリックジャッキング対策

frameおよびiframeでの参照を制限するX-Frame-Optionsという仕様が米Microsoft社から提唱され、現在では主要ブラウザ(IE、Firefox、Google Chrome、Safari、Opera)の最新版で採用されています。この仕様に対応することによりクリックジャッキング対策が容易にできるようになっています。X-Frame-Optionsはレスポンスヘッダとして定義されており、DENY(拒否)あるいはSAMEORIGIN(同一生成元に限り許可)のいずれかの値をとります。DENYを指定したレスポンスはframeなどの内側で表示されなくなります。SAMEORIGINの場合は、アドレスバーに表示されたオリジンと同じオリジンである場合のみ表示されます。

著者紹介

著者・徳丸 浩

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る