発売日 2017年08月15日(火)

我が驍勇にふるえよ天地5 ~アレクシス帝国興隆記~
~アレクシス帝国興隆記~

著者名:あわむら赤光(著者) 卵の黄身(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-9330-9
サイズ:
文庫
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・あわむら赤光

イラスト・卵の黄身

広島県出身。
第1回GA文庫大賞《奨励賞》受賞。
代表作にTVアニメ化作品『聖剣使いの禁呪詠唱』のほか、
『あるいは現在進行形の黒歴史』など。

Twitter

Unable to load Tweets

  • これまでの仕掛けの集大成

    5.0
    Amazon Customer

    伏線が回収されていき気持ちよかった。そしてラストの引きすごくて次巻も楽しみ

  • 5.0
    ゼン

    策士策に溺れる❗お互いの策がぶつかり合う展開が面白かったです。個人的には、ジェカ軍師策がお気に入りです。

  • めちゃくちゃおもろいで!

    4.0
    大沼泰芽

    ぶつかり合う策、そして主人公の武勇にゾクゾクしっぱなしになる事間違い無し!文章の書き方もとても上手ですね!ただこの作品全体を通して文章と挿絵の表現が違う所がちょこちょこあるのが星4の理由ですかね、、、でも読む価値は絶対にありますよ!

すべての4レビューを表示

  • よっち

    優勢だったはずがレイヴァーンの策により壊滅間際まで追い詰められたアレクシス軍。だがレオナートは奪還した故郷リントを早くも発ち、戦況を打破する豪胆な一手へ向けて走りだす第五弾。予想もしなかった策によって思わぬ大敗と絶望的な撤退戦を強いられたアレクシス軍。そういう中でも抜け目ない動きをする存在があって、長い時間を掛けた準備や多少の劣勢など覆すレオナートの驍勇も絡めた反抗劇は、詰みかけた圧倒的劣勢からどうやって覆していったのか、その積み重ねがなかなか興味深かったですね。思わぬ幕切れでしたけど次巻も楽しみです。 続きを読む

  • わたー

    ★★★★★優勢だったのも束の間、レイヴァーンの打った卑劣な策により壊滅したアレクシス軍。死力を尽くして撤退戦を戦い抜く将たちだったが、退路を断つ敵方の包囲網は着々と完成しつつあり…といった絶望的な状況から始まる今回。そこからの逆転劇が心地良かった。やはり、反撃の口火を切ったのは我らがレオ様。彼のカリスマを支えるのは二人の軍師による策。戦いは始まる前から勝ち負けが決まっているとはよく言ったもので、綿密な準備と地道な活動がようやく花開いたといった感じであった。結末は消化不良気味ではあるが、次巻に期待したい。 続きを読む

  • すがはら

    毒を盛られての敗走からの逆襲とリント攻防戦。レオナートの人間離れした武勇が凄まじい。トラーメが色々と活躍した回でもありました。狐もとうとうたらしこまれたのでしょうか?最後は完全勝利でスッキリかと思いきや、意外な展開でした。続きが待たれます。 続きを読む

すべてのレビューを読む