発売日 2018年09月21日(金)

ネットワークがよくわかる教科書

著者名:福永 勇二(著者)

¥1,980(税別)

ISBN:
978-4-7973-9380-4
サイズ:
A5
ページ数:
332
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・福永 勇二

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 社会人4年目のノンインフラエンジニアを救った本

    5.0
    Kindleのお客様

    この本を全て理解するには何度か読み直しが必要でしょうが、AWSや応用情報技術者試験の勉強により何となく知っていただけの単語達を自分の言葉で他人に説明する必要がある人の助けになると思います。

  • 5.0
    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​...

    まず著者は【NTT】で電気通信関連の知識を貯え、現在は沖縄で企業する傍ら、工業高校の講師も勤められている方です。その様な経緯もある事から、本書は「初心者向けにして、本格的内容」と言える、ネットワーク関連特化型のSE向け教科書と化しています。一般的に同種書籍で「初心者向け」と明記されていると、量販店で購入したルーターに付属する、説明書の難解部分を理解出来る様になる程度の内容の場合が多いですが、本書はもっと基礎的な部分から詳細に解説されています。例えば、ビジネスマンであれば、プロトコルの概要を理解して、無線LANさえ構築出来れば大丈夫でしょうが、本書では2進数の変換読法から、パケットの解析方法まで記されており、明らかに資格試験を目指す様なエンジニア志望者向けと感じます。従って、安易に「広く浅く網羅したテキスト」とは言い切れない、日常生活で不要な深い部分まで触れている章も多く「PCネットワーク設定を1人で出来る様になりたい」程度の需要だと、手に余る内容となる可能性は高いです。逆に、上述にもある工業高校等から、資格を取得して同種企業就職を目指す様な学生には打って付けであり、社会人においてもスキルアップを狙う方には悪くない内容と感じます。また著者が、インターネット黎明期以前から【NTT】に在籍していた事もあり、各種機器や無線LAN規格等の歴史的変遷も添えられてたりしており、若者への配慮もある印象です。書面は青&黒2色刷りで、モノクロながら写真や図表も多用してあり、解り易さは申し分ないかと思います。総じて「使える力が身につく」どころか「教える力が身につく」ぐらいの深度ある情報が網羅された、文句無しの教科書であり、表紙にある通りに「初心者エンジニア必見」と言える内容でしたので、その用途に絞って☆×5とします。

  • ネットワークの教科書としてはベストなもの

    5.0
    tepra sr550

    ネットワークの教科書をうたう書籍は幾多もあると思います。たくさん見させていただきましたが、この書籍ほどクオリティの高いものはないと思います。情報量が多いとかそのような些末なものではなく、読む相手のレベルを選ばず確実にネットワークに関する知識を理解させようと工夫が凝らされています。まず初学者でもとても平易に読むことができます。文章表現も堅くなく、とてもわかり易いです。図表などもとてもわかり易く、ケースによってはPCの画面のキャプチャー画像や、機材の写真を挿し込むなど、とても説明が丁寧。重要なキーワードにはアンダーラインやフォントを変えるなど直感的視覚的にも工夫が凝らされています。本当に良い書籍に出会えたことを嬉しく思います。

すべての11レビューを表示

  • polythenepam_m

    5 ネットワークの基礎から新しめの無線LANまで一通り網羅されている。カラーや図解で読みやすくはなっているが、「教科書」というだけあって全体を通して堅い。個人的にはネットで無料の3分間ネットワーキングの方がとっつきやすくて理解もしやすいかな。 続きを読む

すべてのレビューを読む